シュウウエムラのリジュヴィナス エンリッチド ローションを使ってみました

shu uemuraによると

“疲れ”を感じた肌に赤のパワーを。うるおいを与えながら輝く素肌へ導く化粧水。フレッシュなジェルタイプ。

ということです。赤い色がエネルギーをチャージしてくれそうなイメージがあって良いですね。

サンプルをいただいたので使ってみます。
これ、おもしろいですよ~。成分表を見ると一番上に「海水」ってあります。
軽度のアレルギーをおこして鼻が詰まっているときに、海辺に行ってすこんと鼻が通ったり、調子がわるいときに海の匂いを嗅ぐだけで少し気分が楽になったような気がすることがあるくらい、私が海が好きなのもありますが。
shuuemura
写真ではわからないと思うのですが、なかなかとろみがあります。けれど、私の感覚では「ジェル」とまではいかないかな。このとろみ、「我的美麗日記」のとろみほどはありません。

香料

ごくかすかな香料が入っています。ざくろかな。ハイビスカスかな。ごくごくわずかなのであまり気になりません。

無色透明です

赤い色の化粧水かと思ったのですが、無色透明です。着色されていないのは好感が持てます。

刺激がありません

成分表には「フェノキシエタノール」と書いてあったのですが、抽出するときに使っただけでしょうか。私の肌はアルコールが入っているとは感じませんでした。もちろん、変な刺激も感じません。

好きかも

結論としては、私結構好きです。150mlで4725円なら安いじゃない。ただ、150mlもあるのは嫌。場所をとられるのが嫌なので、ミニボトルに移さないといけないのです。キットでいいので50mlくらいのものを出してくれるといいのになあ。トラベルセットなんかあったらすぐに買っちゃうよ。

オイリーな方から乾燥肌まで使えるかな

おそらく、オイリーな方でしっとりめの仕上がりが好きな方、乾燥肌で軽めの仕上がりが好きな方は使えると思いますよ。

クラランスのマスカラベースを眉にも使います

形を整え、長さを整えてもどうしても薄い部分があったり、眉が足れる部分があるわけです。これをどうするかが問題です。どうしてもちょっと長くて落ちてしまう部分に関しては透明な下地で固定します。アナスタシアでもコートがあるのですが、私はマスカラベースを使っています。というより、あるからなんですね。

使っているのはクラランス。一時期、クラランスばかり買っていたこともありましてねえ。その残り、というか、残骸、というか。
suqqu clarins
下のはSuqquのクリスマスキットの中のマスカラです。

シリコンの下地です。ただ、これを(眉でも、まつげでも)使うときちんとクレンジングをしないと残ってしまうのでご注意を。

IPSAホワイトニング

ホワイトニングエッセンス、って聞いたら、白いクリームもしくはジェルを連想するのですが。これは違いました。
ipsa
透明なんです。
パウチを開けたら、ぷんとアルコール臭。あー、まずいかも。
コットンにとるとよく分からないかもしれませんが、透明でかなりとろみがあります。

肌に置くと、すごくしっとりとします。しばらくの間は「張りつくほほ」になりますよ。
ただね、かすかに刺激があるのです。ちりちりとした痛み。長く続くわけではないのですが、不快は不快。

スリーのバランシングUVプロテクターは刺激のない日焼け止めです

スリーのトラベルキットの目玉はこのUVプロテクター。現品でした。

SPFは30と低めだけど、PAは+++と結構高め

日焼け止めとしては、SPF30・PA+++と決して強くありません。SPF30ってちょっと微妙かな。外に出るときは徹底的に出る人なもので。PA+++は嬉しい、というか、SPF30レベルでこれだけあるって珍しいように思います。

three sunscreen

使用感

香り

微かに香るのがローズマリーとティーツリーでしょうか。どちらも私の好きな香りです。チープなフローラルにしてしまうよりはよっぽど良いと思うのです。

日焼け止めの嫌な匂いはないし、ローズマリーもすぐに飛ぶ(と思う)ので、気になるな、という方は少ないと思いますよ。

テクスチャー

塗ってみると、ゆるめのテクスチャーです。ゆるいだけあって、なじみも凄く良いです。オーガニック系の日焼け止めは白浮きするくらいぬれといいますが、スリーはそこまでしなくても良いのではないでしょうか。そういうオーガニックとケミカルのバランスが良いと思います。ごりごりのオーガニック信者ではないので、私はこういう中途半端なオーガニックなものが好きなようです。

乾燥するの?

が、乾燥してしまうのです。きしむ感じ。

SPFが低いので初夏や秋に、と思っていたのですが、こう乾燥してしまうと汗をかきがちな時期に使う方が良いのかな、と思います。出ないときは徹底的に出ないので、真夏の室内用の日焼け止め(というか化粧下地)かな。

え?今度はぎっとぎと

週末、少し気温が上がっていてこのスリーの日焼け止めだけで過ごしたのです。
今度はぎっとぎと、油で顔はテッカテカ。
私には難しいです。

刺激はあまり感じません

私は日焼け止めで刺激を感じることが少なくないのですが、このスリーの日焼け止めでは刺激は感じませんでした。良い点はここかな。

アディクションの日焼け止めを使うと、THREEは多少劣ったなと思いました。

アディクションの日焼け止めスキンプロテクターは、私の日焼け止めジプシーに終止符を打ちました

スリーのバランシングシャンプー&コンディショナー

スキャルプ&ヘアバランシングシャンプーとコンディショナーです。ノンシリコンですね。

three3

ノンシリコンでもシリコン入りでも構わないと思うのですがなぜなのでしょう。シリコン入りに慣れると、ノンシリコンを使うと泡立ちが悪くなるのですが、このシャンプーは大丈夫。ということは、シリコンも入ってる??

ノンシリコンを使うとキシキシすることがあるのですが、指通りも良いですよ。

香りはオレンジとローズマリー。バランシングのスキンケアシリーズと同じですね。

実は、私は頭皮が脂漏性皮膚炎ぎみで某シャンプーで湿疹ができることもあるのです。このスリーでは悪化したりしませんでした。そこは良い点です。でも、わざわざ変えることはないです。だって、普段使うのドラッグストアやスーパーで買えるので、高い物ではないのです。

オリジンズってどうなの?はかなり使ったのですが、今思えば合わなかっ

オリジンズ(Origins)も私はかなり使った方です。

日本から撤退してしまいましたが、オーガニック系で入手しやすく、種類も豊富で香料も控えめだったのが気に入っていました。

刺激が一切ない化粧品は、FANCLくらいしかないのだと思っていたのですが、そういえばオリジンズの主力ラインだったと思う、アパーフェクトワールドシリーズは刺激を感じました。

刺激があるから、すなわち肌荒れ、赤み、かゆみを起こすというわけではないので使っていました。

今でも免税店などで購入できるのですが、敏感肌の方は注意なさって良いと思います。

2013年6月

モイスチャライザーです。クリームですが、乳液のように使うのでいいのではないかな?私は、乳液代わりに使いました。
origins
ものすごくよくのびるんです。これ。手の熱でゆるゆると緩まっていく感じです。少量で十分。

乾燥肌用なのか、しっかり潤います。ただ、ちょっと皮膜感を感じるかも。シリコンでカバーする、というわけではないのですが。私には夏は使えないのですが、秋から初夏まで使えます。

すぐに収まるのですが、かすかに刺激があります。どちらかというぴりりとして暖まるような感じ。なので、敏感な時期には使えません。

2013年1月 アパーフェクトワールド

(サイトをいじっているうちに写真は無くしてしまったようです。)

オリジンズのアパーフェクトワールドは乳液として使いましたが、かなり固めです。美容液扱いなのかな。

香料がきつくないのはいいですよ。化粧水と同じですね。ホワイトティーで抗酸化!っていい響きでした。

ただ、 きついんです。 これはつけるとぴりぴりとしました。これが抗酸化??

すぐに収まるのですが。水や化粧水で薄めようにもかなり固いので薄めにくいのです。

肌の奥まで浸透しろ、とはいいませんが、表面も浸透しないのですよ。 上に膜を作るような感じです。シリコンっぽくはないので嫌いではないですけど。むしろ、クリームの方が乳液っぽかったです。使い方が違うのでしょうか。

というよりも、刺激のせいで顔には使えませんでした。ボディクリームとして使いました。一つ使えるからといって、そのラインすべてが使えるというわけではないんですねえ。

2013年1月 アパーフェクトワールドAGディファレンスローション

これも写真をなくしてしまったようです。
使っていたのはオリジンズ アパーフェクトワールドAGディファレンスローションです。

もう一つ、「ピュアリファイング」、というのがあるのですが、これはさっぱりタイプのようです。使ったことはありません。レビューを見ても結構きついようなのでちょっと躊躇します。アメリカで買うと安いので、渡米するといつも三本くらい買っていました。

しっとりタイプなので夏に使うとちょっとべたつくかも。オイリーさんには向かないかも。

ロクシタンはなんだかんだ人口の香りをつけていますが、オリジンズは気になりません。さわやかなくらいです。

使えますが過敏な時期にはちょっときつかったです。今はかなりコットンに水を含ませてから使えば大丈夫ですが、面倒なので過敏だなあ、と思うとファンケルにスイッチしちゃいます。ま、スキンケアは半分以上気分ですから。