(PR)ビーグレンのエイジングケアって、どう?敏感肌でも使える?

ビーグレンさんにエイジングケア トライアルキットをいただきました。

ビーグレン エイジングケア

ビーグレンというと、ハイドロキノンのイメージがあったんですが、実は結構いろんなラインがあります。

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

今回はエイジングケア。いろんな組み合わせがあるのですけど、この組み合わせは額のシワ、眉間のシワ、首のシワに特化したラインだそうです。

商品は、クレイウォッシュ (15g) / QuSomeローション (20mL) / Cセラム (5mL) / QuSomeレチノA (5g) / QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)の5点です。

どっちかというと、私が問題だと思っているのは、乾燥とくすみなんですけど、乾燥・保湿ケア プログラムのトライアルキットをみてみますと、クレイウォッシュ (15g) / QuSomeローション (20mL) / Cセラム (5mL) / QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)の4点で、QuSomeレチノAが入ってないだけです。

ホワイトケアプログラムでは、クレイウォッシュ (15g) / QuSomeローション (20mL) / Cセラム (5mL) / QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g) / QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g) なので、エイジングケアでは、ホワイトクリーム1.9のかわりに、 QuSomeレチノAが入っているというところでしょうか。

ビーグレンはのエイジングケアは全肌対応、というわけで特に敏感肌用というわけではないようですが、敏感肌には向かないという商品でもないようです。ただ、特にCセラムとレチノAに関しては、ビタミンCがしみたり、レチノール(ビタミンA)がしみることもあるので、敏感肌の場合は様子を見ながら使用した方が良さそうですね。

クレイウォッシュ

オルビスユーのジュレウォッシュもそうでしたが、「洗い流さない」タイプの洗顔です。

ビーグレン クレイウォッシュ

濡れてない顔に顔に乗せてゆっくりとマッサージをしてましたが、なんだか乾燥していきます。それで慌てて洗い流しました。洗い流した後にとくにつっぱったりするわけではないです。

濡れた顔に乗せてマッサージしていくと今度は泡立ちました。こっちの方が感じがいいかな。

ただし、なんとなくアルコールっぽい香りがするのが正直なところ、好みではありません。

QuSomeローション

ビーグレン ローション

その後に使用したQuSomeローションは、最大17時間留まり続ける、というところで、保湿に特化した化粧水のようです。

とろみの強い化粧強いですが、かなりすっと入っていく感じが非常に良い感じです。

Cセラム

次のCセラムはビタミンC。シミだけならハイドロキノンなのでしょうけど、毛穴・くすみ・ニキビなどもあるならビタミンCですよね。

ビーグレン Cセラム

こっちもとろみがあるというか、「厚み」がある感触です。ちょっと熱っぽくなるのも、ビタミンCならでは。

しみることはありません。どちらかというと、かなり保湿する方ですね。この上にさらに?と思わなくはないのですが、やはりポイント美容液として使用するならば、クリームが必要でしょう。

QuSomeレチノA

QuSomeレチノAはクリーム状になっています。

ビーグレン レチノA

こちらもしみたりせずに、かなり潤うように思いました。

この上にクリームがいるのかなーと思うほどです。やはり、シワが気になるところ用に特化させて使うならば、私の場合はほうれい線ですので、そこ以外はやはりクリームが必要なのでしょう。

深いシワの改善にも効果的という噂なんですが、今のところはよくわからないです。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリームが最後。

ビーグレン リッチクリーム

CセラムやレチノAでかなり潤ってるのですけれども、おそらくどちらもポイント美容液なのではないかと思うので、最後にきちんとクリームで保湿するのが良いのではないでしょうか。

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen

ビーグレン

(PR)ぶっちゃけたところ、ジュランツってどうなの?試してみた

高須英津子医師監修のドクターズコスメ、ジュランツのミニボトルを提供していただきました。

この色をお見せしたくて、今回は白いタオルをバックにしてみました。

いただいたのは、セルコンディショニングローション、ホワイトパウダーEX、リファインリッチローションです。

ジュランツ

あわせて「ひめさま」というコットンも少しいただいたんですけど、分厚いコットンでした。

ひめさま

高須英津子医師は、あの高須クリニックのお嬢さんではなくて、息子さんの奥さま。

セルコンディショニングローション(軽く閲覧注意)

まずは、ふき取り化粧水の「セルコンディショニングローション」。

ジュランツ セルコンディショニングローション

洗顔後にコットンにとって、顔をやさしく拭きます。

そうすると、閲覧注意なんですけど、

ジュランツ セルコンディショニングローション後

すごくないですか?

若い頃、もう15年近く前の頃なのですけれども、一時期クリニークを使ってたんです。今思えばびっくりですが。あそこの拭き取りローションを使ってて、それなりに「おお、すごい」と思っていました。しかし、アルコールで拭いているもんで、しみるしみるしみる。私が敏感肌なのだと気付いたきっかけがクリニークでしたよ。

それが、ジュランツのこのセルコンディショニングローションでは、拭いた後にしっとりとしてきて、不快感はないのです。

拭き取り式の導入化粧水との相性は、アルビオンのスキコンを含めて私はあまり良くないのですが、不快感のない導入化粧水もあるのだな、と知りました。さすがはドクターズコスメ。

ただ一つ問題があって、面倒(それを言っちゃおしまいよ)

ホワイトパウダーEX

ホワイトパウダーEXはビタミンCとビタミンEのパウダー状美容液です。
ジュランツ ホワイトパウダーEX

一回一回が使い切りなんで、いつでもフレッシュ。

ジュランツ ホワイトパウダー EX の開け方

これを化粧水などに混ぜて使うんだそうです。

混ぜたところを撮影したんですけど、ぼけたのばかりになってしまったのでこれは割愛します。

リファインリッチローションに混ぜました。すぐにザラザラ感はなくなるのですけど、いざ顔に乗せていくとキシキシ感がありました。もっと混ぜるべきなんでしょうか。

三回程度ではその実力はわかりませんでした。残念。

リファインリッチローション

リファインリッチローション単品で使ってみます。

ジュランツ リファインリッチローション

こっちは赤い色がつけてあります。正直なところ、色はつけなくていいと思いますが、いかがでしょうか。化粧水が複数あるので区別するために、というのであればボトルの方に色をつけられるといいと思う。

何はともあれ、このリファインリッチローション。

それなりにとろみがあります。

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン配合の高保湿ローション。EGF、FGF、IGF、セラミドを配合

とのことなので、ヒアルロン酸のとろみでしょうか。

もちろん、この上に何かクリームなり乳液なり何か使わないわけにはいかないのですけれども、感じが良い化粧水でした。

現在は手持ちがたくさんありまして、すぐに切り替えるわけにはいかないのですけれども、手持ちがなくなったら、トライアルセットを買ってラインで使ってみたいと思いました。

今、スペシャルトライアルセットをやってるんですよ。

[セット内容]クリームクレンジング9g(クレンジング)、リファインクレンジングオイルEX 23ml(クレンジング)、アクアウォッシュ 9g(洗顔料)、セルコンディショニングローション 23ml(拭取り化粧水)、リファインリッチローション 23ml(化粧水)、リファインエマルジョン 5ml(乳液)、ホワイトパウダーEX 3個(パウダー状美容液)、セラリッチミルク5ml(美容液)、ゴールドセラム 5ml(美容液)、ウルトラセラムⅡ 5ml(美容液)、リファインアイクリーム 3g(目元クリーム)

だそうで、ジュランツの基本アイテムにスペシャルアイテムがセットになってるんです。

ジュランツ スペシャル・トライアルセット