アンプリチュードのベースメイクを一式使いました。ブラシに満足

気になってたのだけど、店舗が遠いアンプリチュード。運良くファンデーションのコフレが買えて、しばらく使ったのでじっくり書きます。

アンプリチュード コフレ

そもそも、アンプリチュードとは、RMKのファウンダーだったRumikoさんが新たに作ったブランドです。これが本当にRMKらしい感じがかなりあって、どちらもRumikoさんの作品なんだと思わされます。

まずは、下地から。

名前は、クリアカラーリキッドベース。

これが実に、RMKのベースっぽくて笑ってしまいました。30mlで7500円って強気すぎます。これに関しては正直、価値は全然ないと思う。

普通にRMKのベースでいいんじゃないかと思いますよ。どれかというと、「メイクアップベース」。30mlで3700円なのが、良心的に感じられます。

エマルジョンファンデーション

これは小さいサイズなのでクルクルと蓋を回して使いますが、現品だったら円形のコンパクトのようです。クッションファンデっぽいなと思ったけれど、実はエマルジョン。RMKならソリッドと呼ばれるものです。最近のRMKのソリッドは使ってないのでわかりません。

ブラシ

カバー力はそこそこ。シミはうっすらと隠れるので良しとしましょう。

モチもそこそこ。

ただ、予算が8500円ならエマルジョンにこだわらず、リキッドやクリームでもいいなら、ライバルが本当に多いですね。

エマルジョンにこだわるならば、スックのエマルジョンも無香料ですし、値段も一回り安いし、あちらはカバー力もかなりあります。

多分、アンプリチュードは薄づきが売りなんでしょうけど、薄づきを求める人がエマルジョンを買いますかねえ。

8500円出すなら何かの点でスックの上を行っていただきたかったです。

スックを買うなら
大丸松坂屋<SUQQU> ←スックの場合は、係の方が凄く丁寧に送 ってくれるので大丸が好き!
東急百貨店ネットショッピング
阪急百貨店公式通販 HANKYU BEAUTY

ブラシ

ファンデーションブラシは5500円のブラシの柄を短くしたものが入っていました。

ファンデーションブラシは先端がフラットになっているものしか使ったことがなかったので、新鮮でした。こちらの方が綺麗につくような気がします。

フィニッシュルースパウダー

ルースはそもそも使い慣れないのでなんとも言い難く。

 

つまり、期待が大きすぎて満足できたのはファンデーションブラシだけでした。値段が値段なので期待しても仕方がないと思うんですが。

肌荒れしたわけではないんで、その点私は安心して使いきれます。

ですが、この程度の出来に私は12000円払ったのかーって、後悔してしまい、かなり辛口になってしまいました。

本当にタッチアップもしくはサンプルをいただいてから購入するのが正しいですね。

スリーのバランシングフォームも何度もリピートした。夏用だと思います

スリーのバランシングフォームもリピートしていた商品です。

オレンジとローズマリーの香りが夏の朝に本当にピッタリ!

今日も頑張ろう!みたいな感じです。

three foam

泡立ちは少し固めで、バランシングクレンジングオイルの後、少しぬるついていた肌もすっきりと洗い上がります。
それでいて肌はふっくら。

実は、私は夏以外は朝は洗顔料を使いません。水で拭くだけです。いくらしっとりタイプの洗顔とはいえ、乾燥がひどくなってしまうんです。

けれど、夏は朝も洗顔料を使わないと油っぽすぎた。

ポンプ式の泡洗顔もらくちんで良いのですが、この夏の気分はスリーの、清潔感のある香りに包まれて、しっかり落とすけれど、でも潤いも残る、というのが好きです。

いきなり現品購入に至ったわけではなく、トラベルキットでじっくりと使ってから購入しました。
three travel kit

スリーは傾向として夏前に「トラベルキット」、冬のコフレのときにもこういうトライアルを出します。
three

こういうときに買ってじっくりと試すのがお勧めです。

ただし、肌があまり強くない人は、違和感を感じたら使用を中断するのがお勧めです。

冬に使うなら、エミングソープの方がいいと思います。

スリー エミング ソープ

スリーのバランシングクレンジングオイルは敏感肌でも使える?

スリーといえば、バランシングクレンジングオイル。
私はかなり何度もリピートして使用しました。
three

使用感

ハーブ系なので刺激を警戒していましたが、私にとっては刺激なく使えました。

私はハーブ系を使っているクレンジングオイル(特にミント系)で、目のキワや口元など特に痛いわけではないけれど何か刺激を感じることがあります。しかし、スリーのバランシングクレンジングオイルに関しては、刺激を感じることはありませんでした。

出たての頃は乾燥を感じなかったのだけど、30代も半ばになって、肌が変わってきたのでしょうか。
「夏のみ」に使える商品になってしまいました。

メイク落としはオイルが好きだったのだけど、それはするっとメイクを落としてくれるから。
ただし、洗浄力が強いなあと最近では思ってしまう。

なので、最近では、メイク落としはクリームが一番使いやすいと思います。エミングのクレンジングバームの方が好みです。

最近スリーでは「スリー クレンジングオイル」というクレンジングオイルも出しました。サンプルをいただいて使いましたが私には正直違いがわかりません。

香りで気分上々!

プッシュしたとたんにぷんと香るのはシトラスとローズマリーです。

実はこれ、二つとも好きな香りす。ローズマリーは庭にも植えてているくらい好きです。これだけで気分が上がります。

しかし、使い続けるとちょっぴり飽きてしまうのが玉に瑕。

乳化が遅いかな?

手にとってみると比較的さらりとしています。なじみは良好。

ただし、乳化が遅いかな。

私はオイルを乳化させる場合には、桶に両手を軽く浸して顔に触り、というのを何度も繰り返します。それが最後までぬるぬるしています。ただ、ダブルクレンジングが前提だろうから、それでいいのですが。

私はメイクオフして、髪を洗い、洗顔、という順番をとるのでちょっとこのぬるぬるはあまり好きではありません。

アイシャドウはもちろん、ウォータープルーフのアイライナーもマスカラもするーんと落ちるのです。買って良かったと思う。

それから実は何度もリピートしている、私の定番メイク落としなのです。

スリーは度々お得なトラベルキットなどを出すことがある

スリーのこのクレンジングオイルに関しては、いきなり現品購入に至ったわけではなく、トライアルのトラベルキットを購入したからです。

travel kit

これで気に入りました。

他にも、

three

こんな感じで購入しています。

年によって異なりますが、

夏(6月から7月)にトラベルセット、冬のコフレシーズンの後半(11月くらい)に出す傾向にあります。

ラインでじっくりと試せるのでサンプルで決めるよりもキットを買ってじっくりと試すのがおすすめです。ただ、肌のあまり強くない人は、違和感を感じたらすぐに使用を中断なさってくださいね。

クレンジングミルクも購入しましたが、コットン必須でコットンでこすってしまうので、肌が弱い人、肌が弱くなっているときに使用するのはお勧めしません。

敏感肌ならFDRは試す価値あり。ストック買いしています

熱を出してたんですね。

それで本当に肌がボロボロ、ガサガサになってしまって。

こういうときに使えるのがFDR。
FDR

本当に買っておいて良かった。今までいくら調子が良くても、こういう体調の変化があると、一夜にして一気にボロボロになってしまうんですから。うちみたいな田舎ではそうなってから買いに行くのでは遅いんです。だって、近くにファンケルないし、ネットで買うとどうしてもタイムラグが発生するから。

本当に頼りになります。

FDRローション

まずはローション。

fdr

ほんっと、コットンで使うものじゃないんですよ。コットンで使ったら一気になくなっちゃいます!手のひらに伸ばして少し暖めてから両手て包み込むように使っています。とろみのある化粧水はどこの化粧水でもたいていそうやって使うのですが、他の化粧水と比べても浸透は早めです。

とろみの強い化粧水はべとつくことがあるのですが、使った後そう時間を置かずにさらっとします。私はさらりとした方が好きなので私は好きです。

FDRミルキーローション

案外あっさりとした乳液です。
milky lotion

浸透の早い化粧水の後の乳液ですが、乳液も浸透が早めです。比較的あっさりした乳液だからでしょうか。表面はべとつかないけど、ほほを両手でつつみこむと手に何かつくなあ、という感じなので、素肌感とか、さらさら感を求める人にはしっとりしすぎ、と感じるかもしれません。べとべとしないのはいいと思います。いつまでもべとつくと、日焼け止めやファンデーションが使いにくいので、あっさりとしていると使いやすいです。

ただし、油分が足りなくなってきたお年頃。冬は乳液ではなくて、クリームの方がいいかもしれないです。

FDRクリーム

fdr cream

サンプルで使ったことがあります。一時期、こういうお試しセットがありました。
fancl fdr
FDRのクリームはファンケルのクリームにしては濃厚だと思いました。ファンケルはオイルフリーのものが多く、もともとニキビ肌(ぼっこぼこではなかったけど、本人は気にしていた)だった私はそれが一番使いやすい点でした。そのためアイセラムなども水分量が多めのクリームだと感じていました。

けれど、年齢を重ねて油分が抜けてくると、たまにニキビもできるのですが、むしろ油分が足りない方が気になり始めています。

このFDRのクリームはファンケルにしては濃厚なのです。成分を見るとグリセリンが入っているので、そのせいでしょうか。

表面のめくれを押さえて外からガードする感じです

私はスキンケアには浸透しやすさを重視してきました。なので、濃厚なクリームよりはむしろジェルの方が好きだったのです。

けれど、このパウチを使ってみると、別のことを思いました。
初夏のどろりとした汗で痛みを感じる頃、肌はひどくざらつくのです。これって表面が毛羽立つようにめくれて荒れているのでしょう。このクリームは浸透する、というよりも、スキンケアの最後に使ってこの表面のめくれを押さえて外からガードする、という感じです。

べとつくので夜の方がいいかな

外からガードする、ということがべとつく、ということでもあります。
なじむのにそれほど時間がかかるものではないのですが、朝急ぐ方が使うと日焼け止めやファンデーションがよれてしまいそうです。夜の方が良いかな、と思います。

洗顔リキッド

ファンケルの洗顔といえば、パウダー。ですが、リキッドもあります。私は使ったことがないのですが。
FDRラインにはパウダーはなくてリキッドだけです。パウチに入っていたのはごく少量でした。

無香料です

ファンケルと言えば無香料。無添加よりも、私にとってはチープな香料がないことの方が重要です。スックの洗顔のような上品な香りだったら香料があっても良いくらい。

で、このFDRの洗顔。無香料は良いのですが、微かに「工業製品」らしい臭いがします。キュレルもそうだった。この臭いを消すための香料なんでしょう。強くないので大丈夫だと思いますが、プラスチック臭などで気分が悪くなる方には向かないかもしれません。

少量でもよく泡立ちます

FDR
ファンケルのパウダー洗顔のパウチサンプルにもたっぷりと入っているし、他の会社のチューブ型の洗顔もたっぷりと入っているので、ごく少量しか入っていないこのFDRの洗顔、正直足りるのかな?と思いました。

杞憂です。
大丈夫。お湯で泡立てれば一気に柔らかめの泡が作れます。固めの泡が好みの方はうんとうんと泡立ててみると良いかも。

洗い上がりはしっとりとします

「バリア機能が低下した乾燥敏感肌をやさしく洗う」とうたっている通りのしっとりとした洗い上がりです。

実は初夏からは私はさっぱりとした洗い上がりを好みます。汗を洗い流した〜という感じ。少々つっぱるくらいは構わないのです。ただ、初夏の汗で痛みを感じるような肌には良くないのだろうなあ、と思います。むしろ、これくらいしっとりとした洗い上がりの方が良いのでしょうね。

また、実は年中軽い鼻炎ぎみなのですが、鼻水で鼻が荒れることがあります。皮がむけたり、そりゃ大変。そんな時期にもいいかも、と思いました。ということは、私は花粉症ではないのですが、花粉症の方ってやっぱり花粉の時期には肌が荒れるのですか?そういう方にも優しく洗えるのではないかと思います。

バリアジェルオイル

このオイルはジェルオイル、というのでもう少しさらっとしていたり、どろっとしたものを想定していたのですが、なんだろう。チューブに入ったゆるーーいワセリンといった感じです。

barrier oil

外から肌をガード!

クリーム、オイルの順で使うようです。そのように使ってみたところ、肌馴染みはとても良かったです。ただ、このオイルは外側からガードします!といった感じのオイルで浸透はあまりしないです。さらに言えば、クリームもべたつきます。なのでどちらが主原因かはわかりませんが、べとつきます。

また、両手でつけたのですが、石鹸で落とさないとならないほど手が油っぽい、というか、さらりとしてはいるのだけど、コーティングされているようで、水に濡れると少しねちりとしました。それだけ、肌によくなじんで容易にはガードが解けない、ということでしょう。

正直、今の私の肌にはオーバースペックなのですが、汗で肌が痛くて涙が出そうな時期の夜に使うのに良いな、と思いました

今の肌にはオーバースペックだけどにきびはできません

オーバースペックなものを使うとニキビができることが多いのです。けれど、ニキビ、できませんでした。

 

化粧水と乳液は10ml3本セットです

fdr 6 bottles

ファンケルの化粧水や乳液は30mlがほとんどなのですが、FDRは10ml3本セットです。これ、お試し際zではありません。小さいということは、それだけ、ファンケルのほかのラインと比べても腐敗しやすいのかな。開けたらできるだけ早くに使い切りましょう、ということなのでしょう。

 

それは今後の課題ということで。

すぐに肌が落ち着かない場合は

皮膚科へゴー。
あくまで化粧品は化粧品。私は痛みの少ない物で保湿をする、という目的で使っています。

私にはぴったりのFDRですが、合わない、ピンと来ないと感じたら、使用を中止しましょう。

二十代・三十代前半までのニキビには、ファンケルアクネケアをお勧めする

昔からファンケルには助けられてきて、もう10年以上になります。

最後に戻るのがファンケル。一番初めに使い始めたのが、ファンケルのアクネケアでした。「クリアチューン」と呼ばれた出始めの頃から使っておりました。こんな写真も残っています。
acne

二十代・三十代前半のニキビには、アクネケアがおすすめ

三十代も半ばになって、今はもうニキビそのものが出なくなりましたので使いませんが、このブログを書き始めた頃はまだ使ってたんですよね。

古いものですが、キャンペーンに合わせてこんな感じで、どーん!と購入していました。アクネケア

どういう組み合わせかというと、アクネケアローション3本、アクネケアジェル(いまでいう、アクネケアエッセンス)3本という組み合わせで使用していました。

いまでも、悩んでおられると聞けば、ファンケルのアクネケアを試したか伺っておりますよ。

誤解していただきたくないのは、「噴火するようなニキビには、皮膚科しかない」ということ。

化粧品でできるのは、「予防であったり、ひどくしない」ということなんです。いくら医薬部外品であっても、ステロイドの即効性には負けます。

その痛いニキビ、まずは皮膚科に行ってステロイドで落ち着かせよう。化粧品はその後!

逆に化粧品でにきびがばーっと、それこそ噴火したことがあります。驚きましたね。それがニキビとはわからないほどでした。病院へ直行して、ステロイドで治療しました。そしてファンケルに直帰。肌に合わないものを使わないだけでもいいと思います。

「ステロイドが・・・」という方は、お引取り下さいませ。

アクネケアの順番

ファンケル
アクネケアの使用順は、

  1. 洗顔
  2. ローション
  3. ミルキージェル
  4. エッセンス

で、お好みで、パウダーです。

20代前半の頃はパウダーも使っておりましたが、30代になる前に乾燥がひどい?と思うようになってパウダーの使用はやめました。

洗顔

最近もまた、アクネケア用の洗顔が出るようになりましたね。

一本アットコスメさんにモニターさせていただいて、夏にスッキリと洗い上げると思って実際に自分でも購入しましたが、30代も半ばになると、乾燥が気になってしまい、2本目は秋には使えなかった記憶があります。

ニキビ肌とは言っても、インナードライが原因で脂が出るなど、案外乾燥していることもあるので、「ニキビ用」って書いてあるしー、と思わず、合わないのではないかと感じたら、使用を中止することが大切です。

私は敏感肌なのもあって、すーっとするようなものは避けるようにしていました。ミント系のものが入っているものは刺激的です。

洗顔に関しては、「肌にあったもの、気に入ったもの」なら良畔、ここまでファンケルのアクネケアに揃えなくてもいいのではないかと思いますよ。

FANCL(ファンケル)公式 アクネケア 洗顔クリーム<医薬部外品> 1本

FDR アクネケアローション

大昔のものは、保湿力が全然なくてそれが良かったと感じていました。

最近のものは、多少は保湿力があります。私は年を重ねて、次第にそちらの方が良くなって行きましたよ。

私にとってはほとんど救世主のような化粧水だったのです。
ACローション

今でこそ透明になっていますが、昔は本当に緑色でした。びっくりしますよね。

ニキビに悩まされていた頃は、程よくしっとりとして無刺激で本当に助かりました。

ニキビケア化粧水のようなものは結構購入したんですけど、当時はなぜかすーっとするようなものが入れられているなど、私には合わないものの方が多かったです。ファンケルはそういう刺激的な処方をしないので、ニキビで悩む肌にも安心して使用できました。

三十代にさしかかって、常時ニキビができるわけではなくなったら、使い分けるのも良いと思います

ただ、三十代に差し掛かると、ニキビができるときが決まっていました。生理前なんですね。女性の肌は揺れ動きますから。

普段からずっと使うには保湿力がなく、今度は乾燥の大問題が発生します。

ですので、普段はファンケル含めた別の商品で乾燥ケアを、そしてニキビができる頃にはファンケルACと使い分けをしていました。

FANCL(ファンケル)公式 アクネケア 化粧液<医薬部外品> 1本

FDRアクネケアミルキージェル

このミルキージェルは、多分2016年かな、前回のリニューアルから追加された商品だと思います。

ACローションでは保湿が足りないという声に答えたのでしょう。

ACジェル

でもこちらもかなりさっぱり系です。

ニキビができる頃には、肌に負担がないように、とパウダーファンデーションを上に置くんですが、ヨレるというか、ダマになるというか。朝はFDRの乳液をうすーく伸ばして、しばらくしてからファンデーションをのせていました。

私はアットコスメさんでモニターさせていただいた後に、一本購入しましたが、特に可もなく不可もなくという商品で、自分では買ってません。

FANCL(ファンケル)公式 アクネケア ジェル乳液<医薬部外品> 1本

FDR アクネケアエッセンス

ローションと共に私が手放せなかったのが、このアクネケアエッセンスです。上の方の写真で「ジェル」と書いてあるものは、実はリニュ前のこの商品です。

これだけはまだ使っています。

ACエッセンス

「効かない」という方がおられますが、これ、薬ではないので「予防」です。

ニキビになりそう??というところに塗っておく、ニキビが広がらないようにできやすいところに塗っておく、そういう商品です。

できてしまったニキビに塗ってもあまり効果はないのではないかと思います。そういう使い方をしたいならば、本当に、ステロイド。これに勝るものはありません。

ただし、そういう使い方をしても、ぴんと来ない場合は肌にあってないでしょうから、使用を中止することをお勧めします。

清潔設計

これ、古いし、焦点が合ってないんですが、残ってるから出しちゃおう。

fancl ance

ファンケルの容器は清潔設計です。このようなチューブ型は空気が入らないようになってますし、チューブも蓋で穴を開けて使うまでは穴がない設計です。こういう、細やかなところも私がファンケルが好きな理由の一つです。

FANCL(ファンケル)公式 アクネケア エッセンス<医薬部外品> 1本

スリーバランシングローションはあまーい香り

スリーのバランシングローションも買いましたねー。
three lotion

メイク落とし・洗顔がかなりさっぱり系のシトラス・ローズマリーならば、化粧水はどちらかというと、ハニーでも入ってるんでしょうかってくらい、甘い香りです。

どちらかというと、バランシングの香りはローズマリーとオレンジの精油の香りで、特にオレンジのせいで少し刺激的な香りだった記憶があります。しかし、これはローズマリーの前にまず甘みを感じます。はちみつみたいな甘さの中にローズマリーがある感じで、オレンジはほとんど感じないのです。

テクスチャーは結構とろみがあります。でもべとついたりはしない。
three1

お店に行ったときに、BAさんに新しいバランシングラインの説明をしていただいたのですが、そのときに「吸収が良いので、手ではなくコットンを使って下さい」とのことでした。確かにとろみはあるのですが、吸収は良いです。

刺激、まるで感じません。今、肌の調子があまりよくなくて乾燥していてなんだかがっさがさ。多分、刺激のする化粧水だったら絶対ぴりぴりしてしまう感じです。しかし、刺激は感じませんでした。

少しがさがさな肌も、この化粧水でかなり良い感じになってきました。柔らか、しっとり、ぷにっぷにの良い感じの肌でした。

ただ、人の肌は時期や年齢で変わりますから。最近ではどちらかというと、もっと油分が欲しいと思うほどなので、使わなくなった商品です。

スリーの場合、夏と冬にミニボトルセットを出す傾向にあります。上に出したように、このローションも、こういう感じでお試しして、気に入って購入しました。
three

こういうときに、じっくり試して買うのがお勧めです。ただし、違和感を感じたら、使用を中断しましょう。