バイオイルは優秀なボディオイルでした

バイオイルとかバイオオイルって聞いたことありますか?
水鳥の皮脂が皮膚の修復に効くので、同じ成分を作って、ってやつ。(水鳥からオイルを採取しているわけではないと思いますけれど。)アメリカのお友達が手術をしたのですが、その痕をケアするために医者に勧められたのよ~と勧めてくれました。そのとき私も小さな手術を控えていたのです。手術痕のケアについてはまた後で書くとして。

日本でバイオイルを買い使っていたのですが、アメリカでバイオオイルを買いました。単純に出張に持っていくのを忘れていたのですが。処方は少し違うかもしれませんね。ただ、違いはわかりませんでした。

最も乾燥した時期にボディオイルとして使いました

真冬のもっとも乾燥した時期に使っていました。
香料がはっきり言って、臭いですし、 いらないですよねえ、この色。 しみや傷跡が綺麗になるとは、うーん、わかりません。けれど、すっと皮膚に浸透して潤いました。

保湿すると、傷跡も目立たなくなるんです。綺麗になる、とまでは思いませんが。
乾燥の時期にまず、使わない化粧水をボディローションにし、次に使わない乳液をローションにしますが、真冬に使うのはこのバイオイルでした。少量ですごく良くのびますし。元々の値段も安いですし。結構、おすすめです。並行輸入品のバイオオイルと日本向けのバイオイル。実際に二つとも使っているのですが、私はどっちでも、いいんじゃない?と思います。気になる方はバイオイルの方がいいでしょうね。ネットでかわずに、パッケージをきちんと確認できるドラッグストアへゴー。

 



→ 楽天 バイオイル