キュレルの泡洗顔はたっぷりの泡がすぐに作れて朝洗顔にぴったりだった!

2013年11月

curel

キュレルの泡洗顔の詰め替え用を買いました。ボトルはこのトライアルのものです。

トライアルキットは90mlのボトルで、この詰め替え用は130ml。残りは?

これ。やっぱりトライアルサイズだったイモーテルの泡洗顔。これが50mlです。合わせて140ml。ほぼ空にして継ぎ足せばちょうど良いのです。

なので、まずロクシタンに入れているものから使い、次にこのトライアルサイズのものを使います。気分は上がらないけど、信頼できる感じが良いです。

夏は毎朝使っていたので、これ、実は二袋目です。もう朝は洗顔料を使わないので浴室で使っています。やっぱり気分が上がらないので別のものをチョイスすることも多いですが。

2013年5月

ミニボトルの泡洗顔です。
curel
こんな感じ。90ml入ります。

ロクシタンの泡洗顔から泡洗顔に入ったのですが、このイモーテルの洗顔のミニボトルではあまりいい泡が作れません。ポンプの首が短いので空気が十分に入らないのでしょうか。ちなみに、イモーテルは50mlでした。

Doveのでっかい不精なボトルだとなかなかいい泡ができます。

さて、このキュレルのミニボトルですが、ミニボトルの癖になかなか首が長いのです。期待できました。案の定いい感じです。

使用感

肝心の洗い上がりですが、すっきりと洗えます。…少しつっぱっりました。落しすぎる、と思う方もおられるのではないでしょうか。夏は皮脂バランスタイプを使ってみるつもりだったのですが、洗顔はこれでもいいかもしれません。

香料はないのですが、かすかに工業製品だなあ、と…

物は良いのですが…気分がぜんぜん盛り上がらない。ただ、お助けブランドがもう一つ見つかった、ということはとてもいいことです。

★楽天で キュレル 泡洗顔料 を探してみて!

キュレルのトライアルキットを買いました

石鹸もフォームも嫌いではないのですが、泡洗顔を使いたい…無香料かつ、すっきりと洗いたい…

そんなもんあるわけ…

ありました。キュレルです。ずいぶん前から知っていたのですが、実はSofinaは微妙。Aubeも、んーという感じ。Bioreも香料が嫌、と花王はそれほど私の肌に合っていないのです。花王の子会社のカネボウ化粧品系のものはSuqquにRMKと比較的気に入って使っているのですけれど。

なので、ずいぶん前から知ってはいるのですが使ったことはなかったのです。

ミニボトルがあれば、洗面台もとらないし!!!ラインで試してみたいし!

というわけで買ってみました。

1400円でたっぷり使えます。さすがドラッグストアコスメ。

紙のパッケージのものもありましたが、これはプラスチックパッケージです。トライアルキット2なのですが、トライアルキット3は紙パッケージでした。どちらかが新しくて、どちらかが古いのでしょう。

開いてみるとこんな感じ。
curel kit
メイク落とし(ジェル)に泡洗顔。化粧水に乳液、です。泡洗顔が(ポンプの分だけ)でかいです。

ビオレの泡洗顔の香料が苦手です

実はとっくの昔にダヴの泡洗顔は使い切っていて、どっちが良いのかなあ、と今度はビオレにしました。ボトルには同じものを入れろと書いてあります。

コンタミして自己が起こっても知らんよ、とかそんなレベルです。1回水道水で洗って太陽に当てて乾かして入れました。自己責任です。

ボトルはダヴのボトルのままなのですが、この写真は中身がビオレなんです。

結果としては失敗です。
dove

使用感

泡洗顔としてはいいんです。

香料がアウト

ただ、問題は香料です。かすかに刺激を感じる香りです。これがアウト。

そういえば、チューブの普通のビオレもリニューアル後は香料が嫌でした。二つ続けて香料だけが嫌だったんです。これはおそらく、今はラインでも私の好みではなさそうです。香料だけが理由でビオレは全商品リニューアルするまで買いません。 残念だなあ。次はDoveに戻します。

使い切りますがリピートしません。

このビオレは帰宅後に軽くメイクや汗を落としたいなあ、というときに使うだけです。捨てない限りはおそらくかなり長く持つでしょう。

どうして朝洗顔料を使わないのか、と言うと、もう空気が乾燥しているからです。夜にいろいろつけすぎて朝顔がベトベトしているなあ、と思うときは使いますが、さらさらとしているときには下手に洗いすぎて乾燥するのも嫌なのです。

「洗わない美顔法」を間違えて「一切洗わない」と思っておられる方もおられるようですが、素人目から見てもそんな不潔なことをしてはいけないと思います。あれはあくまでも、自分の分泌する皮脂で潤おう、そのためには洗いすぎるな、だと理解しています。最低限清潔にしましょ。

カイメンカッセイザイガーという方とは話が合いそうにないですね。オーガニック系は好きですけど。

ああ、香料さえ違えばリピートするのだけど!

Sofinaホワイトニングのスティックは目元でもしみないのが魅力

sofina
ソフィーナホワイトニングのスティックです。
これは二代目なんです。リニューアル前のものは底に残ってしまい、綿棒でかきだしました。

目元用

HAKUはしみていたので目元には絶対に使えません。けれど、しみがあるのは隈の内側です。

というわけで使うのがソフィーナホワイトニングのこのスティック。だって、しみないのです!

まあ、効果は・・・というところですが。スキンケアは気分よ、気分!
かすかにカモミールっぽい香料があるのが嫌でした。なければ何度もなんどもリピートしたいのですけれども。

さて。使ってそのままでは使えなくなったら。おしりのシールをはがしまして。
sofina1
ぐりぐりっとまわすと。

sofina2
焦点がタオルにいっちゃってますが…うふ。

こうやって一センチ強、出てくるんです。それでも、やっぱり綿棒でかきだして使いましたが…

昔懐かしいビオレは香料が苦手

高校時代、愛用したのがビオレでした。懐かしくって今でもたまに買います。これはミニボトルです。
あは、ミニボトルに目がないのがばれちゃいますね。
biore
確か、リニューアル後にフルボトルのモイスチャータイプにくっついていたものです。

今回のリニューアルは私たち30歳前後をターゲットにしなおしてリニューアルした感じだと思いました。私たち、いつまでもビオレ世代ですねえ。ただ、私たちの世代って可処分所得があまり大きくないので助かるのではないかしら。

ちなみに旅行用にこういうミニボトルは重宝します。おまけに、フォームタイプは泡立てるのが楽ですし。

 

使用感

つっぱります!がそれは想定内

洗った感じは、まあ、つっぱります。それは想定内です。若かったですよねえ、これでつっぱらなかった高校時代は。

そういや、知人にビオレで肌が荒れた、という方もおられました。

つっぱるブルーのキャップか、つっぱらないピンクのキャップのモイスチャータイプか、の違いですが大きいですよ。

もしも10代の方がご覧になっていたら、いくらおばさんがCMしているからといっても、このブルーのキャップはおばさん向けだと思わないで下さいな。この青いのはおばさんにはきつすぎます。

香料が嫌なので次のリニューアルまでパス

さて、つっぱるのは良いのですが、嫌なのは香料でした。

なんだかツーンと刺激がある感じなのです。これはモイスチャータイプも一緒でした。で、リニューアル前もこの香りでしたっけ?今回変わったように感じます。私は次のリニューアルまでパスです。40歳近くになった頃にまたリニューアルして追いかけてこられそうです。

ソフィーナボーテのミルク洗顔料はすぐに泡立ち、しっとりとした洗い上がりです

sofina

 

旅行キットに入れていたミニボトルです。これはキットに入れたのが比較的最近だったので、取り出すのも最後になりました。ソフィーナボーテを扱う店ならどこでも、というのではなく、扱っている店と扱っていない店があるようです。

sofina1
 

使用感

いわゆる「ソフィーナボーテの香り」です。カモミールなのでしょう。
カモミールそのものはすきです。けれど、カモミールの香料は嫌い。やっぱり嫌いなんです。ソフィーナボーテの香りも。

それでも、嫌いなのに使い続けたのです。その理由は泡立ち易いからです。

少し水を加えますが、すぐに泡立ちます。少量でもたっぷり泡立つのです。だから、旅行用にはすごく便利でした。
そして、しっとりとつっぱらないのは乾燥したホテルで過ごすときにはもってこいなのです。

ただし「すっきりさっぱり」とは遠いので、本来なら夏に使うべきではないのですが、あるものから順番に使いきっていくのでこの時期になりました。
 

★楽天 ソフィーナボーテ ミルク洗顔料 ★