オリジンズってどうなの?はかなり使ったのですが、今思えば合わなかっ

オリジンズ(Origins)も私はかなり使った方です。

日本から撤退してしまいましたが、オーガニック系で入手しやすく、種類も豊富で香料も控えめだったのが気に入っていました。

刺激が一切ない化粧品は、FANCLくらいしかないのだと思っていたのですが、そういえばオリジンズの主力ラインだったと思う、アパーフェクトワールドシリーズは刺激を感じました。

刺激があるから、すなわち肌荒れ、赤み、かゆみを起こすというわけではないので使っていました。

今でも免税店などで購入できるのですが、敏感肌の方は注意なさって良いと思います。

2013年6月

モイスチャライザーです。クリームですが、乳液のように使うのでいいのではないかな?私は、乳液代わりに使いました。
origins
ものすごくよくのびるんです。これ。手の熱でゆるゆると緩まっていく感じです。少量で十分。

乾燥肌用なのか、しっかり潤います。ただ、ちょっと皮膜感を感じるかも。シリコンでカバーする、というわけではないのですが。私には夏は使えないのですが、秋から初夏まで使えます。

すぐに収まるのですが、かすかに刺激があります。どちらかというぴりりとして暖まるような感じ。なので、敏感な時期には使えません。

2013年1月 アパーフェクトワールド

(サイトをいじっているうちに写真は無くしてしまったようです。)

オリジンズのアパーフェクトワールドは乳液として使いましたが、かなり固めです。美容液扱いなのかな。

香料がきつくないのはいいですよ。化粧水と同じですね。ホワイトティーで抗酸化!っていい響きでした。

ただ、 きついんです。 これはつけるとぴりぴりとしました。これが抗酸化??

すぐに収まるのですが。水や化粧水で薄めようにもかなり固いので薄めにくいのです。

肌の奥まで浸透しろ、とはいいませんが、表面も浸透しないのですよ。 上に膜を作るような感じです。シリコンっぽくはないので嫌いではないですけど。むしろ、クリームの方が乳液っぽかったです。使い方が違うのでしょうか。

というよりも、刺激のせいで顔には使えませんでした。ボディクリームとして使いました。一つ使えるからといって、そのラインすべてが使えるというわけではないんですねえ。

2013年1月 アパーフェクトワールドAGディファレンスローション

これも写真をなくしてしまったようです。
使っていたのはオリジンズ アパーフェクトワールドAGディファレンスローションです。

もう一つ、「ピュアリファイング」、というのがあるのですが、これはさっぱりタイプのようです。使ったことはありません。レビューを見ても結構きついようなのでちょっと躊躇します。アメリカで買うと安いので、渡米するといつも三本くらい買っていました。

しっとりタイプなので夏に使うとちょっとべたつくかも。オイリーさんには向かないかも。

ロクシタンはなんだかんだ人口の香りをつけていますが、オリジンズは気になりません。さわやかなくらいです。

使えますが過敏な時期にはちょっときつかったです。今はかなりコットンに水を含ませてから使えば大丈夫ですが、面倒なので過敏だなあ、と思うとファンケルにスイッチしちゃいます。ま、スキンケアは半分以上気分ですから。