スックのベースメイクは敏感肌でも問題なく使えました

敏感肌だとあまり重たいメイクはしたくありませんよね。
それでも、「隠したい」こともあります。

私はスックのライティングリキッドという、限定品の下地だけですませたこともあります。

ファンデーションそのものもサンプルで使用したことがあります。結構、カバー力がありました。わたしにとっては、ニキビになったりかぶれたりすることなく使うことができました。

2015年6月 ライティングリキッド(限定品)

ライティングリキッドのサンプルを頂いて、おそるおそる試してみたらしみないんですね。
suqqu
それで現品買いをしました。肌荒れの時期にはこれだけで済ませていたようなもので、もう使い切ってしまいました。

SPF25・PA++しかありませんが。

なんだかんだ人にお会いするでしょう。肌がボロボロで隠したいけれど、がっつり塗るとますますぼろぼろになりそうで怖いのです。

それでずっとライティングリキッドを使っていました。

体調が芳しくなくて顔色も悪いのですが、ピンクなのでぱっと顔が明るくなると思いたいです。

キラキラが少しあるので、大きな皮むけは隠せなくても小さく荒れているのくらいは隠れるんじゃないか(と思いたい)のです。

その上に軽ーくランコムのパウダーファンデーションを被せるだけで終わらせていました。限定品ではなくて通常商品になってくれるとありがたいです。

スックを買うなら
大丸松坂屋<SUQQU> ←スックの場合は、係の方が凄く丁寧に送 ってくれるので大丸が好き!
東急百貨店ネットショッピング
阪急百貨店公式通販 HANKYU BEAUTY

ファンデーション

スックのファンデーションも全てリニューアルに入るのではないでしょうか。以前のものをサンプルでいただいているのでまとめておきます。

フレームフィックスモイストパクトファンデーションの現品

お姉さまのもの。

サンプルを頂いたのですが、珍しくお姉さまが「サンプル頂ける?」と。
色が気になったんだそうです。頂いた色は102でした。

「101、かな」ということで、101を購入しました。
suqqu foundation
私には絶対白すぎる色です。

でね、ケースも一緒に買って頂戴、ということだったのですが、スック、ファンデーションのケースにもカバーつきなのですね・・・。
suqqu case
これがぶ厚い&大きいので、私には使えないと思いました。

お姉さま曰く、「色は101と102の間くらいだったかなあ。でも、肌がしっとりして、崩れにくいし、気に入ったわあ」でした。

2013年6月 デュアルエフェクトパウダーファンデーション

スックのデュアルエフェクトパウダーファンデーションのサンプルを頂きました。
dual effect
色は003。

細やかなパウダーで感動ものです。

二色あります。リフィルでは薄い色が多めで濃い色が少なめです。サンプルでは等量なのですけれども。

濃いめの色でシェイディングまでできるのですね。こういう二色のファンデーションは初めて使ったのですが、悪くないようです。

薄い色は毛穴皮脂、濃い色は乾燥対策、と処方が変えてあるのだそうです。これが良いのでしょうか。汗に強いと思いました。

実は6月の今ですら顔にぐっしょり汗をかいてしまいます。今年は湿度が低いのでまだいいのですが。崩れにくいのがすごくいいなと思いました。

2013年5月 フレームフィックスモイストパクトファンデーション

昨年いただいていたのですが、使い損ねていたスックのモイストパクトです。
suqqu

正直にいうと崩れやすかったです。

暖かくなったので、微かに汗ばむようになったのが原因でしょう。空気はまだ乾燥していますが、暖かいと汗をかいてしまいます。

冬に使っていれば満足できたかもしれません。時期を間違えたのでしょう。

最近使い終えたのがRMKのクリーミィファンデーションでした。クリーミィファンデーション単品使いよりもはるかに崩れやすいです。もともとクリーミィは汗ばむときには、私はどろどろになってしまうので使えないのでした。

foundation

つけたてはしっとりしているのですが、重くないのがとても良かったです。しかも、カバー力があるので使う量が少なくてすみます。この二点はすごくいいと思いました。

時期を間違えたのが良くないのでしょう。

2013年4月 フレームフィックスクリームファンデーション

暖かくなる前に使い切らねば、といただいていたスックのフレームフィックスクリームファンデーションを使いました。

cream foundation

色は102。私には白いというか黄色すぎるというか、102を塗った肌色はそれはもう生気を失ったようです。

けれど、色むらや小さなしみはほぼ完全に消してくれます。ラスティングパクト、モイストパクト、と使いましたが、私の肌の上で一番カバー力を発揮したのがこのクリームファンデーションかもしれません。

ラスティングパクト、モイストパクトともに薄付きなのでそれほどカバー力を感じません。

正直にいえばクリームファンデーションは厚塗りすれすれです。ただ、これは一度に使ったサンプルの量が違う可能性が大です。

コンパクト形式の「パクト」シリーズは7回使えた私なのです。クリームファンデーションのパウチは量が多いと思いながら1回で使い切ったのです。だから、厚塗りすれすれと思った可能性がありますし、だからこそ、カバー力を発揮したのでしょう。

そしてカバー力があるからこそ、生気を失ったように見えるのでしょうね。アイメイクは別にしても口紅にチークは必須だと思います。そうじゃないと本当に「厚塗り」になります。

実は、そろそろきちんとコンシーラーを使わねば、と思っています。

しかし、私は夏は顔から滝のように汗が出るなのです。なのでコンシーラーを使うとコンシーラーが白浮きすることがあります。でも、これくらいカバー力があると、コンシーラーいらずかもしれません。

というのが、これがつけたときのインプレッションです。

夕方になると、汚い。

まず、毛穴落ちしてしまいました。

そして、目元がよれてしまい、溝ができた。まるでシワです。くちもとの豊麗腺もくっきりとしてしまいました。

汗はかかなかったので、剥げたわけではないのですが。もっと寒い時期に使えば良かったのでしょうか。色さえあっていれば、これ、いいじゃん?と思っていたので残念です。

2012年11月 ラスティングパクトファンデーション

suqqu

BAさんが選んでくださったのはフレームフィックスラスティングパクトファンデーションでした。

選んでくださった色は003。サンプルを下さったのですが、202でした。003はサンプルがないようです。

foundation

Suqquのオフィシャルサイトで色チャートを確認すると、202でも、102でも、という感じですね。102よりも003は色が暗く、暗さでは202に近く、黄味の強さではまだ102の方が近いようです。

 

SPF30・PA+++、というのは良いですね。「汗や皮脂によるヨレ・くずれを防ぎ、光の反射で毛穴が目立ちにくい肌に仕上げる」というようです。

問題は汗です。

「溶けない」わけではありません。「どろんどろん」にはならないようです。

長時間歩いて汗をかいたとき、ティッシュで顔を押さえると、RMKのクリームとリキッドのミックスではどろんどろんにファンデーションが取れますが、ラスティングパクトファンデーションではそこまではいきません。

寒い日なら、鼻のファンデーションが少し落ちる程度です。パウダーを使うとその落ちがより緩和されるように思います。

伸びはすごく良いです。粒子も細かいし。ここは値段が値段なのでそうでなくては困ります。毛穴も隠れ、チークを入れればしみも目立たなくなりますしね。

私はパウダー以外のファンデーションでは刺激を感じることもあるのですが、ラスティングパクトファンデーションでは刺激を感じませんでした。

なかなか悪いものではありません。

RMKのクリーミィポリッシュドベースNはキラッキラ

肌の調子が良くなってきて嬉しい。

頂いたサンプルを試すことができます。

もともとベースはRMKのクリーミィポリッシュドベースを使っていました。値段もお手頃だしね。そのうち、日焼け止めに下地を兼用させるようになり、いわゆるベースは買わなくなったんですよ。

さて、新しくなったクリーミィポリッシュドベースN。これは新しいディレクターのカオリさんも当分リニュしないかな?どうなのかな。

rmk

色は02。

緩すぎず、固くなく。これよこれ。臭いなし(ちょっとアルコールっぽいかな)、刺激なし。重くなく、それでいて乾燥することもなく。この感じが好きで、長く使っていたのでした。いや、まさか、痛くなくて、白くならない、乾燥しない日焼け止めがあるなんて思ってなかったから、本当に日焼け止め代わりに使ってました。休日なんてクリーミィポリッシュドベース一つだけつけてたりしたんですよ。

感覚としては旧製品と変わらない感じです。ただ、旧製品ってこんなにティントたっぷりでキラッキラでしたっけ?んー。もうちょっとナチュラルだったような。

このキラキラ、下手をするとテカリですよ。

しかも、SPF14 PA++は弱いなって思っちゃう。

というわけで、RMKはそろそろ卒業かもしれません。

ファンケルの日焼け止め

そうそう。肌が敏感でたまらなかった頃。
日焼け止めって結構しみません?

ファンケルのサンガード12 センシティヴはしみないんです。ただ、何度も何度も塗りなおさないと、SPFが12しかないですから。面倒ですが、しみるよりはいいかなあ、というところです。リニューアルしたのかな。どうなんだろ。

秋から冬にかけて、乾燥して敏感になってしまった肌でも日焼け止めもしくは日焼け止め効果のあるベースをつけたいところです。敏感な方、お試しあれ。

アディクションのファンデーションプライマーはやっぱり肌のきれいな人向き

これもサンプル利用です。
ADDICTIONのプライマーグロウ(コチラの記事参照)と比べると、プライマーのほうが好きかな。

使用感

カバー力、補正力は感じられませんでした。出したばかりの色味は白で、伸ばすと透明になります。なので、元の色を何かすることは全くありません。これが良いと思う方もおられるでしょうけど、今の私には微妙。この商品もプライマーグロウ同様、コンシーラーが前提だと思います。

けれど無香料でしっとりします。RMKのメイクアップベースとよく似たインプレッションを抱きました。刺激も感じませんし、乾燥肌の方に向くのではないかと思います。ただ、コンシーラーをお忘れなく。SPF20なのは良いですが、SPF50近い方が良いなあ・・・。コンシーラーもいるしなあ・・・

ディオールのBBクリームはまるでクリームファンデーションです

dior

そういえば、と思い出したのがディオールのBBクリームのサンプルです。5mlのミニチューブを頂いていたのでした。

使用感

シミがカバーできます

私には細かなシミがありますが、それがこれ一つでカバーできました。
ということは、かなり色が濃いわけです。私はここのところいわゆる標準色で、サンプルとしていただくような色のファンデーションが使えます。その肌のシミがほぼ完全にカバーできるのでなかなか色が濃い、と思っていただいていいのではないでしょうか。

ファンデーション!?

シミがカバーできる、というのもありますが、なんとなくファンデーションを塗っているような感じです。とはいえ、BBはランコムとディオール以外使ったことがないもので、「ランコムよりは塗っている感じがする」、というところです。こんなのものなのでしょうか。こんなに濃い下地も使ったことがないですし。

ちょっとテカるかなあ

 人によっては「ツヤ」とおっしゃるでしょうね。ですが、私には「テカリ」かなあ。でも、上にパウダーを乗せても崩れにくかったですよ。
  

香料があります

以前(といっても数年前)ディオールスノーを顔に使っていた時期があったのですが、香料はあの匂いです。私は苦手だなあ。

刺激があります

ずっと続くのではないのですが、つけてしばらく刺激がありました。敏感肌さんには向かないと思います。

アディクションのプライマーグロウは肌がきれいな人むけ

粉吹き女も剥げちょろけ女も(コチラの記事参照)できれば嫌なので、ファンデーションを探しています。

アディクションも候補に入れていたのですが、まずは下地から。毛穴や色むらに対してカバー力のあるというプライマーグロウのサンプルをいただいて使ってみました。

使用感

 無香料です。正確にはちょっと薬剤の臭いがするのですが、変な香料を入れられるよりはよほど良いと思います。SPF20なので、日焼け止め効果もないわけではないです。ここはいいと思います。

 薄いピンクの下地ですが、カバー力は感じられませんでした。毛穴が目立たなくなるということも私には実感できませんでした。むしろ、しみが逆に目立つのではないかと思いました。
 どういうことかというと、肌の色がワントーン明るくなるわけですよ。シミはそこだけが濃くなったものでしょう?だから周囲はワントーン明るくなるけど、カバー力はないのでしみはほとんど変わらない、だから目立つようになるのです。びっくりしましたよ。小さなしみもくっきり!まあ、逆にどこにシミがあるのかが良くわかるので対処のしようがあるということでしょうか。コンシーラー必須です。もしくは、肌のきれいな人用だと思います。
 残念なことにニキビができました。私は新しいもの、サンプルを使うときには原則一つだけ変えることにしているんです。これを使ったときもそうしました。翌日ぽつぽつと小さなニキビがいくつかできてしまいました。一つだけ変えたのでこのせいかなあ、と。

 残念です。私の肌には合わないようです。

SK-2の日焼け止めは嫌いじゃないかも

サンプルをいただきました。
SK-2です。 WS Derm Definition UV Lotionだそうです。
UV
色のついていない白いクリームです。日焼け止め臭くもアルコール臭くもなく、さほど刺激を感じませんでした。
嫌いじゃないかも!ちょっと固めのテクスチャーのクリームですが、顔に使うものは実は結構固めのクリームを好むので、私には高ポイントでした。ただ、固めのクリームは真夏には使えるかなあ。

 

冬も秋も、春もいいと思うんですが、真夏はどうなんでしょう。真夏に使える顔用の日焼け止めで化粧下地をかねられるものを真夏までに、ってそれは無理ですよね。来年の夏も、いくつも日焼け止めを買ったりサンプルをいただいたりして、夏に使えないものはその他の季節に使う、という感じで使うんだろうなあ、と思います。