敏感肌ならFDRは試す価値あり。ストック買いしています

熱を出してたんですね。

それで本当に肌がボロボロ、ガサガサになってしまって。

こういうときに使えるのがFDR。
FDR

本当に買っておいて良かった。今までいくら調子が良くても、こういう体調の変化があると、一夜にして一気にボロボロになってしまうんですから。うちみたいな田舎ではそうなってから買いに行くのでは遅いんです。だって、近くにファンケルないし、ネットで買うとどうしてもタイムラグが発生するから。

本当に頼りになります。

FDRローション

まずはローション。

fdr

ほんっと、コットンで使うものじゃないんですよ。コットンで使ったら一気になくなっちゃいます!手のひらに伸ばして少し暖めてから両手て包み込むように使っています。とろみのある化粧水はどこの化粧水でもたいていそうやって使うのですが、他の化粧水と比べても浸透は早めです。

とろみの強い化粧水はべとつくことがあるのですが、使った後そう時間を置かずにさらっとします。私はさらりとした方が好きなので私は好きです。

FDRミルキーローション

案外あっさりとした乳液です。
milky lotion

浸透の早い化粧水の後の乳液ですが、乳液も浸透が早めです。比較的あっさりした乳液だからでしょうか。表面はべとつかないけど、ほほを両手でつつみこむと手に何かつくなあ、という感じなので、素肌感とか、さらさら感を求める人にはしっとりしすぎ、と感じるかもしれません。べとべとしないのはいいと思います。いつまでもべとつくと、日焼け止めやファンデーションが使いにくいので、あっさりとしていると使いやすいです。

ただし、油分が足りなくなってきたお年頃。冬は乳液ではなくて、クリームの方がいいかもしれないです。

FDRクリーム

fdr cream

サンプルで使ったことがあります。一時期、こういうお試しセットがありました。
fancl fdr
FDRのクリームはファンケルのクリームにしては濃厚だと思いました。ファンケルはオイルフリーのものが多く、もともとニキビ肌(ぼっこぼこではなかったけど、本人は気にしていた)だった私はそれが一番使いやすい点でした。そのためアイセラムなども水分量が多めのクリームだと感じていました。

けれど、年齢を重ねて油分が抜けてくると、たまにニキビもできるのですが、むしろ油分が足りない方が気になり始めています。

このFDRのクリームはファンケルにしては濃厚なのです。成分を見るとグリセリンが入っているので、そのせいでしょうか。

表面のめくれを押さえて外からガードする感じです

私はスキンケアには浸透しやすさを重視してきました。なので、濃厚なクリームよりはむしろジェルの方が好きだったのです。

けれど、このパウチを使ってみると、別のことを思いました。
初夏のどろりとした汗で痛みを感じる頃、肌はひどくざらつくのです。これって表面が毛羽立つようにめくれて荒れているのでしょう。このクリームは浸透する、というよりも、スキンケアの最後に使ってこの表面のめくれを押さえて外からガードする、という感じです。

べとつくので夜の方がいいかな

外からガードする、ということがべとつく、ということでもあります。
なじむのにそれほど時間がかかるものではないのですが、朝急ぐ方が使うと日焼け止めやファンデーションがよれてしまいそうです。夜の方が良いかな、と思います。

洗顔リキッド

ファンケルの洗顔といえば、パウダー。ですが、リキッドもあります。私は使ったことがないのですが。
FDRラインにはパウダーはなくてリキッドだけです。パウチに入っていたのはごく少量でした。

無香料です

ファンケルと言えば無香料。無添加よりも、私にとってはチープな香料がないことの方が重要です。スックの洗顔のような上品な香りだったら香料があっても良いくらい。

で、このFDRの洗顔。無香料は良いのですが、微かに「工業製品」らしい臭いがします。キュレルもそうだった。この臭いを消すための香料なんでしょう。強くないので大丈夫だと思いますが、プラスチック臭などで気分が悪くなる方には向かないかもしれません。

少量でもよく泡立ちます

FDR
ファンケルのパウダー洗顔のパウチサンプルにもたっぷりと入っているし、他の会社のチューブ型の洗顔もたっぷりと入っているので、ごく少量しか入っていないこのFDRの洗顔、正直足りるのかな?と思いました。

杞憂です。
大丈夫。お湯で泡立てれば一気に柔らかめの泡が作れます。固めの泡が好みの方はうんとうんと泡立ててみると良いかも。

洗い上がりはしっとりとします

「バリア機能が低下した乾燥敏感肌をやさしく洗う」とうたっている通りのしっとりとした洗い上がりです。

実は初夏からは私はさっぱりとした洗い上がりを好みます。汗を洗い流した〜という感じ。少々つっぱるくらいは構わないのです。ただ、初夏の汗で痛みを感じるような肌には良くないのだろうなあ、と思います。むしろ、これくらいしっとりとした洗い上がりの方が良いのでしょうね。

また、実は年中軽い鼻炎ぎみなのですが、鼻水で鼻が荒れることがあります。皮がむけたり、そりゃ大変。そんな時期にもいいかも、と思いました。ということは、私は花粉症ではないのですが、花粉症の方ってやっぱり花粉の時期には肌が荒れるのですか?そういう方にも優しく洗えるのではないかと思います。

バリアジェルオイル

このオイルはジェルオイル、というのでもう少しさらっとしていたり、どろっとしたものを想定していたのですが、なんだろう。チューブに入ったゆるーーいワセリンといった感じです。

barrier oil

外から肌をガード!

クリーム、オイルの順で使うようです。そのように使ってみたところ、肌馴染みはとても良かったです。ただ、このオイルは外側からガードします!といった感じのオイルで浸透はあまりしないです。さらに言えば、クリームもべたつきます。なのでどちらが主原因かはわかりませんが、べとつきます。

また、両手でつけたのですが、石鹸で落とさないとならないほど手が油っぽい、というか、さらりとしてはいるのだけど、コーティングされているようで、水に濡れると少しねちりとしました。それだけ、肌によくなじんで容易にはガードが解けない、ということでしょう。

正直、今の私の肌にはオーバースペックなのですが、汗で肌が痛くて涙が出そうな時期の夜に使うのに良いな、と思いました

今の肌にはオーバースペックだけどにきびはできません

オーバースペックなものを使うとニキビができることが多いのです。けれど、ニキビ、できませんでした。

 

化粧水と乳液は10ml3本セットです

fdr 6 bottles

ファンケルの化粧水や乳液は30mlがほとんどなのですが、FDRは10ml3本セットです。これ、お試し際zではありません。小さいということは、それだけ、ファンケルのほかのラインと比べても腐敗しやすいのかな。開けたらできるだけ早くに使い切りましょう、ということなのでしょう。

 

それは今後の課題ということで。

すぐに肌が落ち着かない場合は

皮膚科へゴー。
あくまで化粧品は化粧品。私は痛みの少ない物で保湿をする、という目的で使っています。

私にはぴったりのFDRですが、合わない、ピンと来ないと感じたら、使用を中止しましょう。

スリーバランシングローションはあまーい香り

スリーのバランシングローションも買いましたねー。
three lotion

メイク落とし・洗顔がかなりさっぱり系のシトラス・ローズマリーならば、化粧水はどちらかというと、ハニーでも入ってるんでしょうかってくらい、甘い香りです。

どちらかというと、バランシングの香りはローズマリーとオレンジの精油の香りで、特にオレンジのせいで少し刺激的な香りだった記憶があります。しかし、これはローズマリーの前にまず甘みを感じます。はちみつみたいな甘さの中にローズマリーがある感じで、オレンジはほとんど感じないのです。

テクスチャーは結構とろみがあります。でもべとついたりはしない。
three1

お店に行ったときに、BAさんに新しいバランシングラインの説明をしていただいたのですが、そのときに「吸収が良いので、手ではなくコットンを使って下さい」とのことでした。確かにとろみはあるのですが、吸収は良いです。

刺激、まるで感じません。今、肌の調子があまりよくなくて乾燥していてなんだかがっさがさ。多分、刺激のする化粧水だったら絶対ぴりぴりしてしまう感じです。しかし、刺激は感じませんでした。

少しがさがさな肌も、この化粧水でかなり良い感じになってきました。柔らか、しっとり、ぷにっぷにの良い感じの肌でした。

ただ、人の肌は時期や年齢で変わりますから。最近ではどちらかというと、もっと油分が欲しいと思うほどなので、使わなくなった商品です。

スリーの場合、夏と冬にミニボトルセットを出す傾向にあります。上に出したように、このローションも、こういう感じでお試しして、気に入って購入しました。
three

こういうときに、じっくり試して買うのがお勧めです。ただし、違和感を感じたら、使用を中断しましょう。

(PR)ニキビ跡に期待!ベルブランはトラネキサム酸配合ですが、刺激は感じませんでした

最近ではなかなかニキビは吹き出物は減りましたが、その跡がシミになるんです。ニキビ対策のその次、ニキビのあとケアもエイジングと合わせて行いところです。

それで、ニキビあとケアのベルブランを使わせていただくことにいたしました。
ベルブラン ボトル

ニキビ跡とはいってもいわゆるクレーター肌には化粧品では対処できないようですけど、そうでないなら良いのではないかと。

私のニキビ跡で、大きいところがシミになってるのです。

また、トラネキサム酸配合で、美白効果も期待できそうです。ただ、美白成分では、肌の調子が悪化することがあるかもしれないので、そこは慎重に。

ワンクール6ヶ月が一つの目安だそうで、ターンオーバーを6回繰り返しましょう、だそうな。

一本目は肌が柔らかくすることなんだそうです。ニキビを繰り返す肌は硬くなってしまってるそうなんですね。私はどうかというと、ニキビが常にできているわけではないので、そこまで肌を柔らかくしないと、とは思いません。しかし、私みたいな敏感肌だと、「健やかな肌」って憧れますよね。

使い方

何はともあれ、使ってみました。朝晩の洗顔後に使うんだそうです。

  1. 洗顔後、ベルブランを4~5プッシュ手に取り
    お顔になじませます
  2. ハンドプレスで浸透させます
  3. 化粧水で保水
  4. クリーム(乳液)で蓋をします。

いわゆる導入美容液です。

写真で見えるでしょうか。これが2プッシュくらいです。

ベルブラン

コットンにとっているのでこれだけでは足らないのですが、手にとって使えばこの量で十分顔中に使えました。とろみもあり、伸ばしやすいです。
ベルブラン

30mlで1ヶ月分、初めの月は一本を20日で使うのがオススメだそうです。つまり、たっぷりと使えってことでしょうね。

 

感想

香料はありませんし、今のところ、刺激は感じません。美白ものは刺激を感じることがあるので慎重にしないとならないのですが、使えそうなのが嬉しいです。

ところで、いただいたパンフレットで見たのですが、刺激を感じる場合は、腕にパッチを作って見てみたほうがいいようです。肌の調子が悪いのでしみるのか、アレルギーを起こしているのかはそこで判断できるようです。つまり、反応があれば、アレルギー。そして肌の調子が悪いだけなら、肌の調子を整えれば使える。ただし、アレルギーを起こしているなら使えない、というわけです。痛いか痛くないかが判断基準でしたが、次からは痛かったらパッチで見てみようと思います。

今回は刺激も不快感もなかったので、大丈夫だと思うのだけど、ご覧になっている敏感肌さんは注意してね。

一本目は肌を柔らかくするのが目的だそうなので、30mlを20日で使い切るのがお勧めだそうです。

通常価格は 7,280円

のところ、

定期コースの“ベルブラン”セルフメディカルスキンケアプログラムは(初回980円+税/2回目以降4228円+税)だそうです。定期コース6回の総額は22,120円(税抜き価格)なので、一本あたりの4000円弱ですね。ただし、定期コースは6回の受け取りが必須。解約、変更などは6回お受け取り後可能です、なので、定期コースは面倒じゃないです?

私はこういうときには通常価格で買う人なんですが、残念ながら、公式サイトでは定期コースしか扱いがないようで。

ニキビ跡専用化粧水ベルブラン

どうしても単品で買いたいなら、楽天に公式ではないお店があります。

タイミングが良ければ、キャンペーンもやってるようですよ!


エクサージュホワイトホワイトアップローションはしみない

いただいたエクサージュのサンプルのものです。
エクサージュ

本当に、今回は写真がひどい。。。

エクサージュ 化粧水

さて、ホワイトアップローションです。

アルビオンの化粧水はちょっとアルコールがきついんですよね。それは乳液先行だからどうしても仕方がないのだろうと思いますが。肌が荒れて戻ってきているところなので、おっかなびっくり使用しました。

幸い沁みずにすみました。

でも、イプサのセンシティブで満足しているので、今は買わないかな。

アルビオンのモイストフルローション1はかなりさっぱり

新しくなったアルビオンのミルクの3番を買ったのですが、そのときにサンプルでいただきました。
モイストフルローション

測ったところ、私の肌は油分少なめ、水分多めで出たのです。それと私が油分があるわけではないのにべとつくのは、ちょっと・・・と言ったからなのでしょう。こちらは?と1番をいただきました。

ケアしていただいたときも1番だったと思うのですけど。

自分で使ってみると、ちょっと物足りないかな・・・。という印象でした。

アルコールがかなり入っているようですけど、私の肌では刺激を感じませんでした。ただ、普通の化粧水とは異なり、乳液でべっとべとさせた上で使う化粧水なので。もしも乳液を使わずにそのまま化粧水を乗せたらしみるのかもしれません。

残念ながら、ファンケルの新しいホワイトニングラインは多少刺激がありました

何年もファンケル中心で使っています。
絶大な信頼を置いてるメーカーなんですが、それでも合わないときは合わないんです。

だって、化粧下地(何本もリピしてたんだけど)で目が赤くなってたこともあるんです。化粧下地を変えてみたら、途端にアレルギー性結膜炎が治ったんですよ。あー、ファンケルだったの!という感じです。それで、夏のコフレの日焼け止めも顔には使えなかったんです。

逆に、とことん良いものもあるんですね。まず、アクネケア、そしてモイスチュアライジングライン。最後の頼みの綱のFBA。

相性が悪いものは悪い、良いものは良い。それが私とファンケルの関係です。

私、以前の、多分初代のホワイトニングラインも使ってるんですね。
ファンケルのホワイトニング化粧水は浸透が早い
ファンケルホワイトニング乳液
このときはモイスチュアライジングラインと何が違うんだろう、というのが正直な感想でした。もちろん、刺激も何も感じなかったんです。

夏に新しくなったときに、シミ対策として買ってみたんです。写真ないと思ったら、残ってた。
ホワイトニングローション

そうそう。乳液はポンプ式になってましたよ。
ホワイトニングエマルジョン
で、だ。シミ対策のできるモイスチュアライジングラインと思って使ってみたんですが、すごく残念なことに、かすかに刺激があったんです。もう、やだ。
・・・ファンケルの美白ものって、効果があるんだかないんだかわからないけれど、刺激がないことが良かったのに。

というわけで、何度か、そうですよ、肌がうんと敏感になる時期を避けて使ってみたのに刺激を感じたのです。使ってみたい、と言われた方がおられたんで、差し上げました。

でも、以前のものもそうでしたが、新しくなったアクティブコンディショニングベーシックは刺激がなくて良かったんです。
ファンケルの新しいアクティブコンディショニングベーシックはよりしっとりとした感じがする!

ほんっと、相性ってあるから。
ホワイトニングラインで刺激を感じた方、アクティブコンディショニングベーシックは試してみましたか?私の場合は、ホワイトニングラインは刺激を感じたのですが、アクティブコンディショニングベーシックは刺激を感じませんでしたよ。

オーガニック・ファーマシーのハーバル トナー

オーガニック・ファーマシーのハーバル トナーは、「お肌の不調をリセットし、肌の免疫力を高めるマルチトナー」だそうです。

おー。これから季節の変わり目で揺らぎに揺らぐ恐れがありますからね・・・。
ハーバルトナー
これ、スプレー式なのです。顔に吹き付けるのですが、びっくりするほどさらっとしていています。それでも私の肌はそこそこ潤います。

真夏には良かったと思うんですよ。さっぱりとしているのだけど十分水分を与えられる、というところが。しかし、今年は季節が一気に変わってしまったでしょう。この気温ではちょっと物足りないなと感じます。

オーガニック系ってしみそうだと思ったのですが、しみることはなかったのは大変よかったです。強くない香りも好き。毛穴を引き締める、とのことですがどうなのかなあ。ここはわからないなー。

★ハーバル トナー

シーラボのVC100エッセンスローションは火照らない!

シーラボのVC100エッセンスローションの入った無料サンプルキットを申し込みました。

昨年ポアローションをいただいたのですが、今回はその後継の化粧品です。
VC100

ポアホワイトローションはもっちりした感触は好みだったんですが、つけたてが少し火照ったんですね。あれが少し嫌だったんですよ。

VC100エッセンスローションにリニューアルして、あの火照りはどうなのかなーと思ってたのです。あれがなければいいのになって。

使ってみるとすごいすごい。押し込み押し込みして、もっちりとした仕上がりはそのまま、そして、ほてらないんです。私の場合は、肌の奥が熱くなることがないので、すごく使いやすいなーと思いました。

ファンケルのBCローションはとろみがあるのに浸透はやめ!

数量限定でオンラインストアでBCローションのミニボトルを売っています。
bc Lotion

 

確か、BCラインもお試しキットがあった記憶があったのですが、いつのまにかなくなっちゃったのです。それでいい機会だから買ったのです。

ファンケルの他のラインは小さいボトルだけなのですが、このBCラインはポンプ式。ファンケルって一本一本は安いのだけど量がないから割高。その中でもこのBCラインは高いのですがその理由の一つがこのポンプにあるとみました。

確かにとろみが強い化粧水なのでポンプにして正解だと思いますが、今もうなくなりかけていて「使い切る」のが少し難しいなとも感じています。普通のポンプ式だったらポンプを外して手に取っちゃうのですが、取り外せないですから。

とろみの強い化粧水って浸透が遅いですよね。でも、このBCローションってとろみは強いのですが浸透は早いです。コットンにとって撮影しようとしたのですが撮影しようとした瞬間にコットンの表面から奥へ。肌に置いてもやっぱり浸透が早めなのがありがたいです。

変な香料がないのもファンケルが私のお気に入りの理由の一つ。

モイスチュアライジングラインからBCラインに変えようかな。というか、旅行の時用にこのBCラインのミニボトルを買っておこうかしら。

2月20日より数量限定でBCスターターキットを発売していますね。BCローション、BCエマルジョン、そしてBCコンセントレート。化粧水と乳液はミニボトルですがコンセントレートはフルボトルの模様。コンセントレートはもう使い切ってしまいましたが、ファンケルの化粧品には足りない油分を補える感じが良かったです。

RMKのスキンチューナートリートメントは、合うものと合わないものがある

2015年にリニュしたのかな、RMKのスキンチューナーシリーズ。
リニュ後はサンプルを使いました。

リニュ前はミニボトルで。

もちろん乳液も使っていいのですが、乳液は特にはいらないのがRMKのスキンチューナーです。一本で終わるので便利でした。一本で済むのでお手軽というか、時短コスメの一つだと思います。しかし、私の場合は合うものと合わないものがあります。肌が敏感だと思われるなら、ご注意を。

RMKのカウンターにも行ったことがありますが、それほどスキンケアをプッシュされた記憶はないです。でもカウンター、BAさんにもよりますから。オンラインなら、合うかわからないスキンケアをプッシュされることはありません。

2015年2月 スキンチューナートリートメント モイスト

開けると奥にぴりりとした香りがあって、これがジンジャーなのでしょう。
生姜はすきですよ。
rmk
ただ、「ぴりりとした香り」って私には鬼門で、おっかなびっくりつけてみました。

あー。だめだ。かすかにしみます。

しみる=かぶれる、荒れる、というわけでもないのですけれども、「しみるのが好きではない」のです。今回は洗い流しました。

香りが好きなだけに残念な商品でした。

2015年2月 スキンチューナートリートメント エクストラモイスト

生姜の効いた「モイスト」は残念ながら肌に合わなかったので、エクストラモイストもおっかなびっくり使いました。
rmk extra moist

RMKって香料が独特よね、だと思いませんか?しかし、なにこれ!いい香りです。

ローズやゼラニウムなどの精油を贅沢にブレンドしたリラックス感のある香り

とのことですが、上品かつ凛とした香りなんです。テクスチャーがしっとりとしていますけど何より、この香りが良いです。

 

こっちだったら買ってもいいかもしれません。(つまりしみなかったということ)

しかし、香料は飽きると辛いのですよね。

2012年10月 スキンチューナースムーサーモイスト

以前使ったものなのですが、そういえばRMKの化粧水は一本ですみます。

これは、スキンチューナースムーサーモイストです。ミニボトル。

rmk

夏にちょっと油っぽくなった肌には、さっぱりとしていて良かったです。

どうやら、アルコールが入っているようですけれども、これ、本当にアルコール入ってる?という感じです。量が少ないのでしょう。もしくは、作る過程で使っているけどできたものにはアルコール分がほとんど残っていないのかしら。

私は生理直前と生理中は私はとても肌が敏感になってしまいます。普段大丈夫だったものでも使えないことが多いのです。これまでにそのまま使えたのはファンケル。

使用中に生理の時期にかかったのでこのスキンチューナーをおそるおそる試したのですが、しみることもなにもありません。

化粧品は無香料のほうが使いやすいと思うのです。

ミニボトルだと気分が変わって良いのですが、飽きてしまいます。

この化粧水につけられた香りは柑橘系なのですが、甘みもあります。なんとなく、スプライトっぽいのですがもう一つ付け加えるなら人工的な香りなのです。

 

ですので、比較的肌が強くない方がRMKのスキンチューナーに興味を持った場合は、サンプルから入るのがおすすめではないかと思います。