シルコットうるうるスポンジ仕立てはユニークなコットンでした

ふき取り化粧水だけではなく、ばしゃばしゃっとした化粧水の場合はコットンを使い、とろみのある化粧水の場合は手でつけています。理由は特になくて、なんだかそんな気がするだけです。

ごめんなさい。ハコだけです。コットンは全部使い切ってから写真に撮るべきだったと思ったのです。
cotton

形はビオレの毛穴のつまりを取り除く、って鼻パックがあったでしょう?もしくは開いた本の絵があるでしょう、あんな感じで左右対称になっていて、真ん中がにゅっと下に伸び、上がへこみ、というものなんです。真ん中にミシン目があって、ちぎることができます。結構、薄いコットンなのですが、コットンというよりはなんとなくフェルトっぽかったです。使い終わったら二つに分けてほほに張ってローションパックにしましょ、というものなんです。

使用感

ふき取り化粧水には、正直なところ痛かったです。
ふき取りようではないとしても、どうしてもコットンで軽くこすることになるのですが、やっぱり痛い。
敏感肌さん向けではないかなあというのが正直なところです。

ただ、ローションパックには安上がりだし、目の下だけに使うにはちょうどいいかな、と使っていました。

買ったのはここ、ケンコーコムです。
ケンコーコム