美容オイルとは

美容オイルについて

アルガンオイル、ホホバオイル、などさまざまな美容オイルがあります。
そもそも、「美容オイル」って何なんでしょう。
ここでは、ヘアケア、フェイスケア、ボディケアに使う美容用のオイル、と定義しておきます。

どうして美容オイルを使うのか

肌は角質細胞という細胞が並ぶことで構成されていて、その細胞の隙間を埋めている細胞間脂質という脂質があります。角質細胞を守る役割を持っているため、細胞間脂質がもろい状態では保湿をしても水分は蒸発してしまいます。

細胞間脂質は油分と相性が良いので、美容オイルを与えると細胞間脂質の隅々までなじんでいきます。すると細胞に潤いのバリアを張り、肌の状態をキープすることができます。

参照
http://www.skincare-univ.com/article/000140/

私は水分にだけ気を配っていたのです。細胞間脂質がもろい状態なのに、油分をさほど取り入れなかったのでしょう。だから、私は美容オイルを使って、肌の肌理が整ってきたと感じたり、刺激に強くなってきたと感じたのかもしれません。

美容オイルの種類

ホホバオイル、スクワラン、アルガンオイル、オリーブオイル、シアバターなどがあります。
有名なところでいえば、ロクシタンのシアバターや無印良品のホホバオイルのように単体のものもあります。私の使ったスリーのコンディショニングSQオイルなど様々なオイルがミックスされたものもあります。

ただ、そもそも、それぞれのオイルってどのようなのものなのでしょうか。

[ hana-code-insert ] 'menseki' is not found

ホホバオイルとは

ホホバオイルとは、ホホバの種子から採取される油です。

ホホバとはアリゾナ州南部からカリフォルニア州南部、そしてメキシコの北部が原産の植物で、雄株と雌株があります。
地域は乾燥地帯、砂漠地帯ですね。だから商品広告に「砂漠の」とつけられることがあるのでしょう。

ホホバオイルは無精製の状態では透明な金色でナッツの香りがし、精製すると無色無臭になるそうです。だから、商品広告に「ゴールド」とつくことがあるのですね。
融点は10℃なので、通常我々が目にするときには液体になっています。

他の植物性油とは異なり、「トリアシルグリセロール」を含まないために常温保存が可能です。

化粧品としては、化粧水、保湿美容液、シャンプーやコンディショナーに含まれることもあれば、単品で皮膚や髪に使用することもあります。

他には、バイオ燃料としての研究もすすめられているようです。

参照
http://en.wikipedia.org/wiki/Jojoba_oil

[ hana-code-insert ] 'menseki' is not found

アルガンオイルとは

アルガンオイルとは、アルガンという植物の種子から採取される植物性油です。

アルガンはモロッコ原産の植物です。そのため、アルガンオイルは別名モロッカンオイルとして商品名に使われることがあるのですね。

伝統的には種子を石で割り、すりつぶしてから搾油する、という手法をとられてきました。しかし、今日では商業化がすすみ、機械による搾油がほとんどのようです。それでもなお、殻を割る行程は人手によっているそうです。

アルガンオイルの世界的な普及により、絶滅の危機に直面していたアルガンは新たに植林されるようになり、アルガンオイルの採取に現地のベルベル人女性が携わり、経済的に上昇するなどの側面があるそうです。

アルガンオイルはビタミンEを含み、オリーブオイルよりも酸化に強いそうです。

モロッコに古くからすむベルベル人はアルガンオイルを食用、スキンケア用に使ってきたようです。現在ではアルガンオイルは食用、そして化粧品用に使われています。

化粧品としては、伝統的に肌荒れ用、そしてヘアケア用に使われてきました。現在ではビタミンEを多く含むために、ダメージヘア用のシャンプーやコンディショナーに多く用いられています。

参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルガン油
http://www.cnn.co.jp/travel/35023187.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Argan_oil

[ hana-code-insert ] 'menseki' is not found

スクワランとは

スクワランとは、スクアレンという油脂に水素添加させた硬化油です。

スクアレンはオリーブ油、羊毛処理の副産物、サメの肝油から採取することができます。

サメ由来

国内では、深海ザメの肝油(肝臓の油)由来のものが流通しています。
そのままでは黄色い色と臭いがあるようですが、化粧品用にりゅうつうしているものは精製されているために、無色透明、そして無臭ほぼないようです。また、スクワランメーカーによると、変質しにくいとのことです。

マルハニチロのスクワランは高度に精製されているため、時間がたっても作りたてとほとんど同じ状態で、空気や紫外線に当たっても変質しにくく、肌に安心して使うことができるのです。

参照
http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/squina/quality/squ.html

オリーブ油来

国内ではサメ由来のみならず、オリーブ由来のスクワランも流通しているようです。

フィトスクワラン中のスクワラン(含量:96%以上)は、サメ由来のスクワランと同じ化学構造式を持ち、科学的性質も同じですが、植物性コレステロールなどを含有しており、それによる「シルキータッチ」が専門家から非常に高く評価されています。

参照
https://www.cosfa.co.jp/development/original/phyto_squalane.html

何に使われるのか

保湿剤に使われるようです。

参照
http://en.wikipedia.org/wiki/Squalane

オーガニックと天然由来の違いとは

オーガニック、とか、天然由来、とか、何なのでしょうか。

オーガニックと天然由来の違い

オーガニック

Organic 

有機栽培、有機農業、その農産物。広く、畜産品を含めた生産物をいう場合がある。

参照
http://kotobank.jp/word/オーガニック?dic=daijirin&oid=DJR_O-GANIXTUKU_-010

天然

人の力が加えられていないこと。自然のままであること。

参照
http://kotobank.jp/word/天然?dic=daijisen&oid=12921700

違い

天然由来、という場合と、オーガニック、というのは別です。
天然由来だからといっても、有機農法、有機農業で生産されていない場合には、オーガニック、ということはできないのです。

オーガニック認定

ところで、オーガニックはオーガニックでも基準などはないのでしょうか。
例えば、THREEは「ソイルアソシエーション等認定」という言葉をよく使っています。

ソイルアソシエーション

まず、THREEが書いている「ソイルアソシエーション」について調べてみます。
The Soil Association。Soilとは土壌のこと。

The Soil Association was founded in 1946 by a group of farmers, scientists and nutritionists who observed a direct connection between farming practice and plant, animal, human and environmental health.

1946年発足。農家、科学者、食品学者が作った団体のようです。
http://www.soilassociation.org/aboutus/whoweare

ソイルアソシエーションのいう「オーガニック化粧品」とは

「オーガニック」に法的な規制はないので、業界団体でCosmos Organic Standardという統一基準を作ったようです。原料のうち70%〜95%が有機農法により生産されたものでなければならないようです。

http://www.soilassociation.org/whatisorganic/organicbeauty

参照
The Soil Association
Cosmos Organic Standard

[ hana-code-insert ] 'menseki' is not found

ローズヒップとローズヒップオイルとは

ローズヒップとは

ローズヒップとはバラの果実のことです。
野バラの花が咲いた後に放置しておくと子房が膨らみ、真っ赤になります。

我が家にも野バラ系のバラがあるのですが、ローズヒップになる前にほとんど摘んでしまいました。来年は写真を撮ろうかな。一度ローズヒップティーのようなものはできないのかと、一つ赤くなったものを割ってみました。中にはちくちくした毛と石のように固いタネがありました。ローズヒップティーに使うのは外側。

新鮮なローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれているのですが、乾燥や加工の過程で多くが損失するそうです。
俗に、腎臓や泌尿器の不調に使用されたり(中国)、抗菌・抗ウィルス作用、動脈硬化、免疫、便秘、ストレス、肌、疲れに良いとされますが、ヒトでの有効性、安全性については調べた文献中に十分なデータが見当たらないそうです。

参照
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail742lite.html(国立健康・栄養研究所)

ローズヒップオイルとは

ローズヒップオイルとは、ローズヒップの中の石のように固い種子から採取される植物油のことです。
βカロチンを含んでいるそうです。水溶性ビタミンであるビタミンCは含みません。

化粧品としては、ニキビや割れやすい爪、しわ用に使われるそうです。

参照
http://en.wikipedia.org/wiki/Rose_hip_seed_oil

[ hana-code-insert ] 'menseki' is not found