スポンサードリンク
ファンケルオンライン

オルビスユー ウォッシュ の主要成分は?

オルビスユーは、ポーラ・オルビスグループの中の、「オルビス」でも、初期のエイジングケアブランドです。

オルビスユー ウォッシュは、ricoがトライアルキットを買って使用したことがあります。

Orbis U

オルビスユー

以前の「ブライトニングジェリーウォッシュ」は「洗わない洗顔」でした。それに対して、今回のものは、いたって普通の洗顔でした。

優しい洗い上がりって感じ。

詳しくは、オルビスユーってどうなの?トライアルキットを試してみたよ!

オルビスユーウォッシュの特徴的な成分をあげておきます。色が変わった部分をクリックすると、その成分が入っている別の商品も見つけられますよ。

特に、保湿成分としての「キーポリンブースター(ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・モモ葉エキス)」が、オルビス・ユー共通の成分のように見えます。

<全成分表示>
水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイヤグルマギク花エキスモモ葉エキスアマモエキスポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム

注)2019年11月閲覧によるものです。マイナーチェンジされることもあるので、嫌な成分がある場合には、ご購入にあたっては、オルビスのHPで確認なさってください。

オルビスユー ウォッシュに使っている、ポリオクタニウム−7を使っている別の商品を見つけたよ!

優しい洗い上がりだなあと思ったのは、ハイドロキャッチ成分としての、ポリクオタニウムー7のおかげでしょうか。この、ポリオクタニクム−7が配合されている別の商品が見つかりました。

もちろん、配合分量、配合方法などで完成品は異なるものだと思います。ただ、見つけたのは、同じく、ポーラ・オルビスグループのモイスティシモです。詳しくはモイスティシモ ウォッシュの主要成分は?

使用感はやはり、優しい洗い上がりですよ。

モイスティシモ ウォッシュが 120g 税込3,300円
オルビスユーウォッシュが 120g 税込1,980円

オルビスも、モイスティシモも、定価販売が原則で(ポイント以外では)値引きをしません。

エーコは洗顔は固形石鹸派ですが、化粧品の香料はあまり気になりません。
ricoは香料が気になるタイプです。
決してどちらが優れている、劣っているという話ではないのですが、同じような洗い上がりなら、ricoは、洗顔に関してはモイスティシモよりも、オルビスユーの方を好むなあ、という感想を持ちました。モイスティシモウォッシュも、お得なトライアルセットでラインで試せます。興味がある方はこちらをモイスティシモ ウォッシュの主要成分は?

単品だけでも買えます。



スポンサードリンク