Lunasolって?乾燥肌でも使える?敏感肌でも使える?

私は乾燥肌・敏感肌の持ち主です。

毎月生理前はニキビができたり肌荒れがひどくなったりと辛い時期になります。

季節の変わり目、春や秋もつらく、ひどい日は水もしみてしまうくらいです。

それでも、メイクを楽しみたいですよね。特にクリスマスコフレが大人気のデパートコスメのルナソル、私も好きなブランドです。

以下は私の体験です。個々人によって状況は異なりますし、私の日々コンディションも変わります。参考までにどうぞ。

スキンケアものには注意したほうがいいかもしれない

デパートコスメは、カウンターに伺って購入するとたくさんサンプルをくださるところが多いです。ルナソルは特にその傾向が強いように思います。中身はスキンケアもの、ベースメイクものです。

例えば、こんな感じです。
lunasol sample

2014年のファンデーションキットのときにいただいたものです。コフレをオンラインで購入しても、サンプルを入れてくださることがありますよ。

そんな感じでフルボトルは使っていませんが、いろいろなスキンケアのサンプルも使ってみました。
日焼け止めまで含めて、ルナソルのスキンケアは残念ながら合わないと思う

いずれも「私の好みではない」という結論に達しました。

端的に言うと、しみてしまいます。

しみたからといって、肌あれ・赤み・かゆみまで発展したことはありません。しかし、刺激を感じることは事実です。刺激を感じるからといって、それが悪いわけではないのでしょうけれども、他にもたくさんあるのにわざわざそれを選ばなくても良いですよね。

多分肌が丈夫な方であれば、良さがわかるのでしょうけれども、私には相性がよくありません。

ですので、敏感肌の方はご注意されることをおすすめします。

BAさんの中には、スキンケアものをプッシュする方もおられます。確かこのファンデーションキットを購入した時のBAさんがそうだったのです。その場合はいきなりフルボトルを買ってしまわないように注意して下さい。「サンプルをいくつも試さないとわからない」と主張しましょう。

オンラインであれば、そもそも猛プッシュされません。その点安心です。

コフレは「使える」けれど華やかで大人気

ルナソルのクリスマスコフレは良く購入しています。
ルナソルのパーティーコフレ&サマーキット、お見せします
ルナソル

これは2016年のクリスマスコフレ(パーティーコフレ)です。写真が下手たのですが、ルナソルはあまり冒険的ではないのでとにかく「使える」のです。

敏感肌の場合、アイシャドウ・チークといったパウダーは大丈夫でも、口紅で皮がむける・荒れるということがありませんか?

私は昔そういうものがありました。

ルナソルの場合は、今のところは私はそのようなことはありません。どなたでも安心して使用できるという意味ではありませんので、その点ご留意くださいね。

ベースメイクも肌に合っていたと思う

ベースメイクは確か2015年か2016年に全部一新したと思います。リキッドは確か購入した翌々月くらいに変わったような記憶があります。リニューアル後は使っていないのでなんとも申し上げられませんが、リニューアル前のものは安心して使用できました。
ルナソルのベースメイクは使いやすいのでリピートしていました

上にお見せしたようにサンプルをもりもりとくださるので、サンプルでも使うこともありました。

いずれも、私はニキビができたり、目にしみたり、肌あれを起こしたりすることはありませんでした。もしろんこれも、どなたでも安心して使用できるという意味ではありません。

また、水をつけてもしみるようなときには一切何もつけませんでした。そのような時期でも使えるという意味でもありません。

ですので、個人的な感想においては、「ルナソルのメイクものは安心して使えるけれど、スキンケアには注意!」というブランドです。

ルナソルのベースメイクは、使いやすいのでリピートしていました

過去形なのは、リニューアル後に購入していないからです。

私の肌は敏感肌なのですが、ルナソルのプライマー(下地)・ファンデーションともに現品・サンプルいくつか使いました。いずれも問題なく安心して使えていましたよ。(もちろん他の敏感肌の方全員が安心して使えるとは保証しませんよ!)

記事にして写真に残っていたのが、15周年記念のセットのときでしたので、そのときのものを中心に。

ルナソルのカウンターでは、チェッカーで首の色と肌の色を判定して色を選んでくれます。ですので、一番初めに購入するときはカウンターが良いと思います。

ただし、BAさんによってはスキンケアのものごり押ししてくることがありますので、特に敏感肌の方はご注意を。ここのスキンケアものは、荒れたりしませんが好みではありません。

二度目以降はオンラインで購入していました。購入するものはリキッドファンデーションでしたよ。

2014年6月 コントロールベース

ルナソルの15周年セットをカウンターで購入しました。
Lunasol foundation

コントロールベースのカラーチョイスは01。
lunasol base

(なんだか暗い写真になってしまったな。)

これ、さらりんとしていました。少量で伸びがいいのです。

普段日焼け止めを下地にするので下の色を整えるタイプは久しぶりです。肌が少し明るい色になりますよ。

毛穴を、というのは良くわかりません。日焼け止め効果がSPF27・PA++と低めなのが残念です。

日焼け止め効果があまりないので、夏になる前に使い切る予定でしたが、肌の調子が悪化して以来しばらく使っていなかったのでまだ残っています。

コストパフォーマンスは抜群だと思います。

2014年7月 スキンモデリングリキッドファンデーション

スキンモデリングリキッドファンデーションの現品です。色はOC-02。標準色です。
lunasol foundation

冬は乾燥するのでリキッドが良いですよね。夏はパウダーの方が好みですけれども。

買ってから夏までに使い切るつもりだったのですが、使い切れなかったのが残念です。

テクスチャーはしっとりしていたものが徐々に乾燥していく感じです。初夏に使って良かったと思いました。

冷房を入れるとこれは乾燥してしまいます。さらに汗をかくと崩れやすくなってしまいます。今年は涼しいのですが、冷房を入れるようになったら、難しいでしょうね。秋に再び使用します。

カバー力はそこそこといったところでしょうか。私は満足です。

 

2013年9月 スキンモデリングパウダーファンデーション

lunasol

日系のパウダーファンデーションにはなぜかあまり良い印象がありません。

ランコムのパウダーファンデーションの使いやすさと粉の上質さを考えると、日系メーカーはコストパフォーマンスが悪いイメージを持っていました。良いものを探すなら、Suqquクラスですが、ランコムの倍の値段ですから。

サンプルをいただいたのですが、使うまでにちょっと時間があったのは期待していなかったからなのです。
foundation
サンプルを使用した乾燥は、「悪くない」というよりも「良い」。

私は暖かくなると滝汗をかくので、どうしても拭います。

そうすると流石に取れますが、慎重に押さえる程度、もしくは汗ばんだ程度ではあまり崩れません。

鼻はどうしても剥げて、てかりますが、どんなファンデーションでもそうですから。汗ばんだ程度では崩れません。

香料もなく、粉の細やかさもランコムに負けず劣らずです。

仕上がりも「粉っぽさがない」とのことですが、そこについてはあまり感じません。どちらかというと、マットでしょうか。私はパウダーファンデーションにはマットさを求めるので、この仕上がりも満足です。

欲を言えば、もう少しカバー力があれば、と思うのですが、それは下地の使い方でしょうね。

2014年10月 ルースパウダー

サマーキットの中の、ルースパウダーです。
lunasol powder
レビューを忘れていたのですが、たまーに使います。

ルースやパウダーって、乾燥を感じるものがあるのですが、あまり乾燥を感じないかな。

2014年10月 コンシーラーパレット

lunasol concealer
パレットと言っても一色です。二月に購入したファンデーションセットの中のものですから。

筆はプラスチック。でも肌のあたりは優しいです。コシも強いですよ。肝心のコンシーラーですが、きちんとシミをカバーしてくれました。けれど、クマまでは難しいです。

ルナソルのファンデーションキットは良いものでした。

私はルナソルのベースメイクは安心して使えるものでした。ただ、どんな敏感肌の方でも使えるよ!とまでは言い切れませんから。敏感肌の方はくれぐれもご慎重に。

Lunasolのパーティーコフレ&サマーキット、購入記録とまとめ!

Lunasolといえば、コフレ!大抵購入しています。
使いやすい色味で、大人気!

私は敏感肌なのですが、これまでのところルナソルのメイク物は問題なく使えています。口紅でも荒れたり剥けたりすることはありません。私にとっては、ルナソル(のメイク)は安心してメイクを楽しめるブランドです。

私は毎年どこかのデパートのオンラインストアで購入していますよ。

2016年

パーティーコフレ

やっぱり今年も買いました。ファンデーションのサンプルとメイクシートも送ってくださいました。
ルナソル

開けるときにアイシャドウに傷が付いてしまったのが悔しいですが、どのみち使いますからね!

グロスが思っていたよりも可愛らしいピンクでした。とにかく「使いやすい」なのに「華やか」なのがルナソルのコフレの良いところ。

サマーキット

届きました!今年のはとにかく使い勝手が良いと思います。

私はパウダーは使わないのですけど、ほぼ確実に妹がパウダーを持っていくのが目に見えています。
ルナソル キット
写真で見た以上に、そしてこの写真以上にリップがベージュ系で、ちょっと昔の流行りっぽく見えてしまいましたが、使える色です。

アイライナーはグレイッシュブラウンらしく、黒系・グレー系のアイライナーを処分してしまったので、私にはありがたいです。

何よりこのスリーディメンショナルアイズです。アイシャドウはそう言えば2014年サマーキットにちょっと似ています。これは友達がアイシャドウが欲しくて、私はチークが欲しかったので分け合ったのでした。
ルナソル スリーディメンショナル

ルナソルのラメはかなり大きくて、自分ではあまり使えないな、と思うことがあります。スリーディメンショナルだったら、ラメをあまり使わずにすむのかもしれません。使い始めると、ラメが細やかで細やかで。これまで使ったルナソルの中では一番ラメが細かったかな。もちろん、スックあたりとは比較になりませんが。

そしてこの色。ベージュというより、モカっぽくないですか?夏物というよりも秋に使いたいと思いました。

このアイシャドウに合わせるなら、ブラウンゴールドくらいのアイライナーのほうが豪華で綺麗ではないかしら。

2015年

ルナソル コフレ

アイシャドウ
ルナソル パーティアイズ
今年のスックはツイード調でした。ルナソルもツイードっぽいですね!

このルナソルよくよく見てくださいな。4種類が全て「違う」質感なのです。凝ってますね!左上はラメがない感じ。右上はラメラメ。左下もラメが多く、右下はクリームタイプではないのですがしっとりとした感じです。

実はこのアイシャドウのパーティアイズは妹用だったので私はここまで。

ルナソル グロス
グロスも妹のところに行く予定です。私はグロス使いなんですが、多すぎます。しかも使ったら差し上げる訳にもいかないので、グロスもここまで。

チーク&リップが私のものです。
ルナソル チーク
まだ使っていませんが、リップにするにはマットすぎる感じがいたします。手持ちのグロスと合わせて調節しましょうか。

チークとしては秀逸そうです。

マスカラは、ボルドー。こちらも私です。
ルナソル マスカラ
これはウォータープルーフだろうがなかろうが、私はこれが欲しくて欲しくて欲しくて欲しくてたまらなくなってしまってたんです。

ポーチもアイシャドウに合わせてか、織が強調されています。
ルナソル ポーチ

今回はメイクポーチにしては丸々としています。チェーンを外したら筆箱にできないかな。

2014年

パーティーコフレ

今年も「秘密の部屋」がありました。一応、応募しておきましたが、当たりませんよね。

今年はポーチが厚いので箱が厚めです。
inside
グロスは単品でも撮影したのですが、多分これが一番綺麗な画像なのでこのままで。
思った以上にラメが多かったです。

グレーのアイライナーは使いやすいですよね。
eyeliner
ラメが多いけれど、つけてみると目立たないのです。

リニュしたというフェイスパウダーです。
powder
まだ古いものが残っているので、これは妹行きです。蓋は開けるけどシールは剥がしません。

さてアイシャドウ。
eyeshadow
左上がピンクだと思っていたのですが、思っていた以上に白かったです。

どう組み合わせましょうか。ベースにするのは右上でしょうね。左下でグラデーション。右下を締め色にして、左上をハイライト。やっぱり使いやすいですね。日系は。

サマーキット

ルナソルのサマーキット2014です。

lunasol kit

サンプルは頼んでないのですが、入っていました。ありがとうございます!

実は何の気もなしにふっとつぶやいたら、妹がアイシャドウとアイライナーが欲しがりました。私はチークが欲しいのです。

半額ずつ出し合いました。

こうしてみると、冬のものよりも立体感を出しやすそうだと思いますがどうでしょうか。
lunasol eyeshadow

アイライナーは片方にラメ、片方にはラメなし、っぽいですね。
lunasol pen

持て余し気味のリキッドリップス。

冬の物とぱっと見、色がにてるような。あっちはグロスでしたが、こちらはリキッドリップだそうです。
lunasol lips

参考までに2013パーティコフレのグロスの写真です。やっぱり色が近いです。
lunasol8
チークにあうし、今回はリキッドリップスを自分で使いましょうか。

私の欲しかったチーク。
lunasol cheek
左はもう少し濃い色だと思ってたのに、実物を見たら少し薄かったのです。

グラデーションにしたかったのですが、今回のチークは薄い色を広くとって、その上に濃い色を乗せて使おうと思います。

冬のチークはサーモンピンクで凄く使い勝手が良いのですが、色がかなり近い二色なのでメリハリはつけられないのです。

lunasol P

相変わらずルナソルのキットって使い勝手の良いというか、コンサバというかどこに行っても当たり障りのない色のもので、質の良い物が良い値段で手に入るって感じですね。

2013年

パーティーアイズ

パーティバッグの上に置いてみましょう。
lunasol10
これ、結構大きいポーチなのです。平らなのですが、かなり量が入ります。

今年は一年間スックのバッグを使ったのですが、これからはこれをコスメポーチにしましょうか。起毛で毛皮めいてみせているのですが、これがぼろぼろになるでしょうね。

アイシャドウ
lunasol6
夏のアイシャドウよりもラメが少なめに見えます。まだ使ってないけど。ただ、これは使いやすいと思う。

チーク
lunasol7
右側がもっとテラテラしてるかと思ったら、そうでもないです。サーモンピンクは得意中の得意な色です。

グロス
lunasol8
冬だからこそ、もう少し赤みが欲しいかも!

アイライナー単品は撮り忘れたらしいので、ご勘弁を。

使いやすいのが一番ですね!

サマーキット

まずはサマーアイズ。
lunasol
ルナソルはラメが粗い、というかキラキラ感が強いのです。

さて、次はルーセントチークス。
lunasol
パウダーチークだと思っていたのですが、練りチークでした。つまり、指でつけるタイプ。

このタイプはクラランスを持っているのですが(あれ、書いてないかな)、ラズベリー色です。パウダー含めて、チークのコーラルは本当に久しぶりだ。

パウダーではないのでブラシがいらないので携帯に便利です。

このルーセントチークス、指でぼかしていくのでブラシよりも濃さの調節が簡単だと思うのです。コーラルなので血色よく見せることができますよ。

ダブルリップグロスです。

liquid
リキッドリップスはもろにコーラル。小さなラメも綺麗です。

しかし、唇に乗せると縦じわが目立ってしまいます。リキッドなのでしわが入るのではなく、厚みは同じなのだけど、しわに入った色の濃さが違うので目立つのはこまった。

gross
こちらはまるで色がつかないのです。細かなラメはありますけど。合わせやすいと思いました。

一度唇につけたものをそのままどぼん、とするのが気持ち悪いのです。だから、ティッシュオフ。それだけでも気分が違います。そんなに神経質な話ではないと思うのですが、みなさん、そのままどぼんですか?

これに真っ赤なネイルがついていました。

番外編 15周年記念パレット(2014年2月)

ルナソルの15周年パレットをカウンターで購入してきました。

じゃん。このケースはどうかと思うけれど。
lunasol case

じゃじゃん!
lunasol15
ルナソルらしい使いやすい色味ですね。でも、逆に言えば、無難すぎて面白みがない、かも。これはお姉さま用でした。

私は15周年記念ファンデーションキットを購入しましたよ!

日焼け止めまで含めて、ルナソルのスキンケアは残念ながら私には合わない

ルナソルは、サンプルをもりもりくださるブランドです。

ところが、スキンケアものは、いくつか使いましたが、私には合わないように思いました。
メイクものは、無香料なところも好ましく便利に使えるのですが。

肌が敏感な方はお気をつけて。

2014年7月 UVプロテクター

ルナソルの日焼け止めのサンプルを頂きました。UVプロテクターです。

lunasol sunscreen

香料入りの上にアルコールが少しきついなと感じたのです。

目元につけようとするとしみそうですね。それはまずいので目元は避けました。

しかし、実は少し過敏な時期に使ったのですが、刺激は感じなかったのです。ひょっとすると、目元にぬっても一瞬しみるだけかもしれませんが。

でも、香料&アルコールは嫌な物は嫌なのです。

使い心地は、少し重め。

60g SPF50+・PA++++なのに3,500円(税抜)ってお安いのですが。

日焼け止めは、アディクションのスキンプロテクターに限ります。

アディクションの日焼け止めスキンプロテクターは、私の日焼け止めジプシーに終止符を打ちました

2013年10月 スクラブフルウォッシュ

lunasol

ルナソルのスクラブフルウォッシュのサンプルをいただきました。

キャップを開けたとたんに香る「知ってる」におい。懐かしいような、なんでこれから?というような。

中学生のとき、初めて自分で買った洗顔を思い出しました。その頃初めて行ったスーパーの化粧品カウンターは確か、資生堂系です。

30gくらいの中くらいのチューブの洗顔を選んでもらって、それが一つ500円強だったなあ。なんて、今思えば高いです。中学生の間はそれでずっと通したのです。高校に入ると、通学路にドラッグストアができて、そこに入り浸りましたね。その30gで一つ500円代の洗顔を思い出したのですよ、このスクラブ。

でも、スクラブ入り洗顔としては優秀でした。

泡立ちもそれなりに泡立ちます。スクラブが潰れていくので、スクラブがなくなったらマッサージ終了、ということでしょうか。それがわかるのも良いですね。洗い上がりもつっぱらないし。さっぱりとします。

しかし、大問題がありました。この「さっぱりする」が大問題だったのです。

多分、ミントを使ってるのでしょう。これが目の周りを刺激します。目のキワに刺激があります。もちろん、目の周りをスクラブでマッサージすることはないですし、単純にミントに反応しているだけで、赤くなったりかゆくなることもありませんが、嫌な物は嫌。

残りはボディに使いました。残念。

2014年1月 モイストコンディショナー

ルナソルの化粧水、モイストコンディショナーのサンプルをいただきました。
lunasol

匂いは気になりませんでした。あまい感じだったかな。

さっぱりしているようで、中もしっかり潤うのですけれども、私の肌ではしみてひりついてしまいました。

だからといって、赤くなったりかゆくなったりすることはないのですが。使い続けるべきではないというタイプでしょう。残念ですが。

2014年2月 バランシングミルク

lunasol
バランシングミルク=乳液のサンプルを使いました。

ローションで刺激があったので、乳液もどうだろうとおっかなびっくりでした。

やっぱり痛かった。とはいっても、赤くなったりかゆくなったりすることはないのですが。使い続けるべきではないというタイプでしょう。残念ですが。

実は二ついただいていたので、肌がすごく元気なときに使ってみました。

香りはさほどきつくないし、痛みも感じません。肌の調子がいいときに使えば問題ないようです。でも、肌の調子は揺らぐものですからね。

 

おそらく私にはルナソルのスキンケアは合わないのでしょう。

肌が敏感な方は、ご注意を。ルナソルでメイク物を購入すると、BAさんによってはカウンターでスキンケアもごり押しされることがあるのですが、それはうまく交わしましょう。もしくは「サンプルでしっかり試さないと買わない」と主張しましょう。

ルナソルを買うなら、ごり押しのないオンラインが一番。